土佐犬の特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

土佐犬の特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

土佐犬は闘犬として有名ですよね。
高知県の天然記念物として登録されており、日本を代表する犬種のひとつです。

 

筋肉質な骨格で、皮膚は噛まれてもいいようにと大きなしわができるほどたるんでいます。
そして耳はほとんどがたれ耳です。

 

元々はいのしし狩りに使われていた四国犬をベースとし、世界一の闘犬にするべく、マステイフ、ブルテリア、ブルドッグ、グレートデーンなどの闘犬や狩猟犬、体格の大きな犬を交配させて改良したものが土佐犬の始まりとされています。
闘犬に利用されるのはオスのみで、メスはオスほど闘争本能は激しくないそうです。

 

無駄に吠えることもなく、訓練によっては人間に対しては大人しく忠実な性格ですので、海外では護衛犬としても愛されています。
ただ、闘犬の素質を残そうとする限り一般家庭での飼育は難しく、実際に飼い主の力不足や不注意から重大な咬傷事故もたびたび起きているのも事実です。

 

体重は90kg~91kgの大型犬です。
近年では、体重35キロ程度の小型の個体もいるそうです。

 

毛色はレッド、ブラック、フォーン(金色がかった茶色)が一般的です。
虎毛やホワイトも少数ながらいます。

 

性格

土佐犬は勇敢で大胆です。
大型犬の特有の寛容で人懐っこい穏やかな一面も持っています。
一方で闘犬用とつくられた犬なので、闘争本能はふとした事がきっかけで爆発することがあります。

縄張り意識が強いため番犬には向いていますが、他の犬と仲良くするのは難しいようです。

 

お手入れ方法

土佐犬は大型~超大型になる犬で、体に見合った運動量が必要となってきます。
散歩は1回1~2時間か、それ以上、1日2回以上は求められます。
警戒心が強く、防衛意識もあり、通りすがりの人や動物に大きく反応することがあるので、散歩をする時は人がいない早朝や深夜など、時間帯を選んで行いましょう。
そのような環境でない場合の飼育は難しいでしょう。
飼い主のずさんな管理で、人や他の犬を襲う事故がたびたび起きている犬種なので、しっかりと注意が必要です。

 

土佐犬は初めて犬を飼う人には向きません。
甘やかしがちでは、飼い主やご家族が危険にさわされることにもなりかねません。
しつけはしっかりと行う必要がありますが、虐待的な訓練では犬との信用を損ねてしまい余計に扱いにくい犬になります。
成犬は子どもとや小動物と一緒に過ごさせるべきではありません。

 

土佐犬はダブルコートで抜け毛のある犬種ですが、スムースコートのためお手入れは簡単です。
ブラッシングは週1~2回程度行いましょう。

ラバーブラシを使って抜け毛を取り除き、同時に皮膚のマッサージもしてあげましょう。
仕上げに獣毛ブラシで毛艶を出してあげると良いでしょう。

固く汚れにくい毛質をしているため頻繁なシャンプーは必要なく、1カ月に1回程度のシャンプーしてあげる他に、日常的なお手入れとして硬く絞った濡れタオルで体を拭いてあげると良いでしょう。

 

かかりやすい病気

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

 

常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

肘関節形成不全

前腕部と上腕部を連結する肘関節に異常が発生した状態のことです。
関節がうまく噛み合わなくなり、痛みや運動障害を引き起こしてしまいます。

 

症状は“歩き方がおかしい”・“運動を嫌がる”・“前脚の形がおかしい”・“関節に水が溜まる”・“変形性関節症の併発”などがあります。
原因は遺伝もありますが、過度な機械的ストレスがあり機械的ストレスについては骨が成長する4か月~10か月あたりに激しい運動、急激な体重増加が原因になる場合もあります。

 

治療法は外科手術・安静治療・投薬治療などありワンちゃんの症状によって医師と相談しましょう。

 

胃捻転

胃捻転はなんらかの原因で胃が捻転してしまい、胃の内容物が発行し、発生したガスが胃をパンパンにするほど充満して、その胃が捻転する状態です。
捻転することによって胃は、周りの臓器を圧迫します。
圧迫された臓器は壊死してしまうなど全身に影響を及ぼし、最悪のケースでは死に至ることもあります。
胃捻転を起こした場合には直ぐに処置をしないと、なかなか助からない緊急性の高い病気です。

 

症状としては“吐きたいのに吐けない”・“大量のよだれ”・“落ち着きがなくウロウロする”・“腹部を舐める”・“お腹が腫れる”・“食べたがらない”などです。
原因は“食後すぐの運動”・“ドカ食い”・“胃でガスを発生しやすい食べ物の接種”・“ドッグフードなど胃で急激に膨らむ食事の接種”・“ストレス”・“加齢”・“遺伝”などと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

はっきりとした原因がわかっていない為、予防方法はありませんがリスクを減らす為にも食後直ぐの運動やドカ食いなどは避けた方がいいでしょう。

 

眼瞼内反症

眼瞼が内側に反り返り、曲がり込んだ状態を言います。
まばたきするたびに眼球の表面にある角膜を刺激して、結膜炎・角膜炎・流涙症などの症状を見せるようになります。
早ければ生後2~6週齢頃からで、遅くとも1歳未満に発症します。
原因は、遺伝もありますが、体重が減少することで眼球を入れている眼窩部分の脂肪が減り、結果まぶたが空間に入り込むことで起こることもあります。
角膜炎・結膜炎の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトではジェネリックも多く取り扱っていますので、病院で処方してもらっていた薬が切れた時などにも便利です。
角膜炎・結膜炎のお薬⇒

 

アトピー性皮膚炎

呼吸する時に、アレルギー物質を吸い込み、過敏症を起こす病気です。
とても痒くなり、湿疹を繰り返します。
アレルゲンとなっている物質を特定を特定し、それを除去することで改善します。
アトピーになると完治が難しい病気と言われていますが改善しない病気ではありません。

 

アトピー性皮膚炎の治療には現在下記のような錠剤タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
ジェネリックもご用意しておりますのでお安く購入することが出来るのもメリットです。

 

アトピー性皮膚炎の免疫抑制剤⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる