サルーキの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

サルーキの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

中東原産で飼育犬のなかでは世界で最も古いと言われているサルーキです。
スリムでしなやかなで美しい見た目も特徴ですね。

サルーキは細長い口、長い毛でおおわれた垂れた耳も特徴です!!

 

サルーキの歴史は紀元前7000~6000年にさかのぼるといわれており、現在のイラク南部から出土した発掘物サルーキにと思われる犬の姿が見つかっているそうです。
そんなサルーキは砂漠で生活をしていた遊牧民であるアラビア人の猟犬として活躍をしていたそう。
イスラム教においては犬は不浄であるとされていますが、食用の肉を調達するサルーキは例外として丁寧に扱われていたそうです。
サルーキの名前は古いアラビア語で“神より授けられたもの”という意味も持つといわれています。
ドッグレースに使われるグレーハウンドよりも足が速いとされるサルーキは時速70キロ以上のスピードで走ることができるとされています。

 

平均体重は20kg~25kgの大型犬です。

 

サルーキの毛色はあらゆる色が認められています。
ホワイト・クリーム・フォーン・ゴールド・レッド・トイカラー・ブラック&タンなどがあります。

 

性格

サルーキは穏やかで落ち着いており友好的ですが人にも他人にも媚びることはあまりなく、高貴とされている雰囲気そのものです。
猟犬としての名残で独立心が強い個体もいます。
室内では静かに落ち着いて過ごしますが、外に出て動くものや走っているものを見つけると素早く反応し、追いかけてしまうこともあります。

お手入れ方法

サルーキは走ることが大好きなので、できれば1日2回、1時間ずつ以上の散歩に連れ出してあげたいものです。
アメリカの獣医師団体からも“必ずリードをつけて散歩するべき”犬種としてサルーキがあげられるほど、逸走の危険があるといわれています。
オフリードで運動させる時はドッグランを利用するようにしましょう!

 

サルーキは精神的に繊細な面があるので訓練の無理強いや、力を使って躾をすれば信頼関係を作ることが難しくなってしまいます。
飼い主をよく見ているので優しく根気よく接することが必要となります。

 

被毛の手入れは抜け毛を取り除くために、時々ブラッシングをする程度だそうです。
細く、毛玉になりやすい被毛の為、コーミングは週1~2回行いましょう。
蒸しタオルで拭いてからブラッシングをすることで皮膚に刺激が与えられ、更に美しくなるでしょう。

 

サルーキは体脂肪が少なく、放熱のために効率の良い体をしているため、冬は寒がる傾向があります。
寒冷地や寒い季節は散歩の時間に注意し、厳寒期は衣類の着用も検討しましょう。

かかりやすい病気

サルーキは歴史的ともいえるほど長い時間をかけて育種されてきた犬種だけに、目立つ遺伝病は比較的少ない犬種です。

 

サルーキの場合は、その繊細な性質が病気の原因となることがあります。
来客が続いて気が休まらない、家族構成が変わった、環境が変わった、留守番が増えた、運動不足、睡眠不足、気温の変化、強く叱られた、時にはフードが変わったということで、消化不良から嘔吐や下痢を起こしたり食欲不振になったりすることがあります。

耳の病気

サルーキは耳も垂れているので構造上耳の中が蒸れやすく、細菌や真菌、耳ダニなどに感染しやすくなっています。
耳を痒がっていたら耳ダニ感染を疑いましょう。
また耳ダニ感染とは別に耳カビ感染というのもありますから、普段からの耳のお手入れが重要です。

耳ダニ治療⇒

 

甲状腺機能低下症

喉にある甲状腺から分泌されるエネルギー・タンパク・ビタミン・脂質代謝などに関わる生命活動に必要な甲状腺ホルモンの機能が弱まることで発症する病気です。

症状は、左右対称の胴体脱毛・元気がなくなる・体温の低下・全身の浮腫み・顔の浮腫み・脱毛部分の色素沈着・脂漏症や膿皮症などの皮膚疾患。
原因は生まれつき発症することは稀で95%近くは後天性で“自己免疫疾患”・“甲状腺の萎縮”・“クッシング症候群の影響”・“発作”などがあります。

適切な治療をしないと死に至ることもあります。
治療方法は“投薬治療”・“基礎疾患の治療”になり投薬の場合は一生続けなければなりません。

 

アトピー性皮膚炎

呼吸する時に、アレルギー物質を吸い込み、過敏症を起こす病気です。
とても痒くなり、湿疹を繰り返します。
アレルゲンとなっている物質を特定を特定し、それを除去することで改善します。
アトピーになると完治が難しい病気と言われていますが改善しない病気ではありません。

アトピー性皮膚炎の治療には現在下記のような錠剤タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
ジェネリックもご用意しておりますのでお安く購入することが出来るのもメリットです。

アトピー性皮膚炎の免疫抑制剤⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる