コモンドールの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

コモンドールの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

見た目がモップにそっくりなコモンドールはハンガリーの代表的な国犬で2004年には国宝にも指定された犬種です。
コモンドールは500年以上もの間、家畜を外敵から守る護蓄犬として、ハンガリーの山間で活躍してきました。

 

コモンドールという名前の由来は中央アジアにあった“クモン”という地名や、そこに暮らしていた遊牧民“クモン人”からきているという説や、ハンガリー語で牧羊犬の指揮官という意味をもつ“コマンダー”という言葉からきているという説があります。

 

コモンドールの特徴は何といっても見た目です!
2重になっている被毛は、幼犬時には上毛、下毛共に柔らかい毛質ですが成長とともに柔らかい下毛を波状の荒い上毛が巻き込み、縄状を形成するようになるそうです。
雨風への耐性もある被毛の下には、筋肉質な体が隠れています。

 

平均体重は40kg~60kgの大型犬です。

そして毛色はアイボリーです。

性格

コモンドールはとても賢く、穏やかで落ち着きのある性格をしています。
また家族に対しても忠実で、愛情深い犬種です。

 

コモンドールは元々、牧畜犬のリーダーとして家畜を守る資質を備えた犬種です。
賢さからプライドが高く自立した一面もあるので、リーダーシップの取れない飼い主には従わない場合もあります。

 

またコモンドールは見知らぬ人に対しては警戒心が強いこともありますが、子供や弱いものを守ろうとする、優しくて勇敢な犬種でもあります。
コモンドールはしっかりと躾が出来れば家族を守る頼もしい番犬になるでしょう。

 

お手入れ方法

コモンドールは大型犬でもあり、活発な牧羊犬なので十分に歩き回れる飼育スペースが必要となります。
散歩や運動は少なくとも、朝晩1時間ずつは行ってあげましょう。
運動不足によるストレスから反抗的になったり、飼い主へ挑んだりすることもあります。
広いドッグランや自由に走り回れるような敷地で十分に体を動かせるようにしましょう。

 

全身が分厚い被毛で覆われている為、体内に熱がこもりやすく、日本のような高温多湿な気候で飼育する場合は室内管理をしっかりと行い、適した環境飼育にしましょう。
そしてコモンドールの特徴でもあるモップのような被毛の手入れは大変な手間がかかります。
コモンドールの被毛は硬めのオーバーコート、油分が多くて水を弾くミドルコート、抜け毛が多く思われますが抜け毛の掃除はそれほど必要ではありません。
ただゴミや抜け毛が絡まりやすく、汚れやすいので手入れは大変です。

 

通常のブラッシングはNGです。
毛にブラシやコームが引っかかって通りません。そのため毛についたゴミなどの汚れは手で取り除くことが必要です。

 

シャンプーも必要となりますが、毛をほどくことから始まって仕上げまでには大変な時間がかかります。
自宅で行うのも良いですが、しっかりと洗えなかったりするので専門の方にお任せすることをお勧めしております。

 

 

かかりやすい病気

コモンドールは健康的な犬種ですが、大型犬に多い“股関節形成不全”や“胃捻転”の他に“皮膚病”にも注意が必要です。

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

 

胃捻転

胃捻転はなんらかの原因で胃が捻転してしまい、胃の内容物が発行し、発生したガスが胃をパンパンにするほど充満して、その胃が捻転する状態です。
捻転することによって胃は、周りの臓器を圧迫します。
圧迫された臓器は壊死してしまうなど全身に影響を及ぼし、最悪のケースでは死に至ることもあります。
胃捻転を起こした場合には直ぐに処置をしないと、なかなか助からない緊急性の高い病気です。

 

症状としては“吐きたいのに吐けない”・“大量のよだれ”・“落ち着きがなくウロウロする”・“腹部を舐める”・“お腹が腫れる”・“食べたがらない”などです。
原因は“食後すぐの運動”・“ドカ食い”・“胃でガスを発生しやすい食べ物の接種”・“ドッグフードなど胃で急激に膨らむ食事の接種”・“ストレス”・“加齢”・“遺伝”などと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

はっきりとした原因がわかっていない為、予防方法はありませんがリスクを減らす為にも食後直ぐの運動やドカ食いなどは避けた方がいいでしょう。

 

皮膚疾患による犬の皮膚炎

常に犬の皮膚に潜伏している【菌】が原因で皮膚炎になる場合もあります。

・細菌性皮膚炎
赤い発疹が現れたり、痒みが出たりする皮膚炎です。
酷くなると化膿するので、抗生物質を投与することが必要になります。

 

・真菌性皮膚炎
皮膚に潜伏している【カビ】によって引き起こす皮膚炎です。
免疫力が低下したりするとカビが感染してしまいます。
治療にも時間が長くかかってしまいます。

 

・脂漏症
脂漏症は【マラセチア皮膚炎】とも呼ばれ、マラセチアという常在菌が活発になることで起きる皮膚炎です。
脂っぽくなったり、ベタついたフケが出て痒くなるタイプと、乾燥して皮膚の表面がカサカサになるタイプがあります。
脂漏症の場合はシャンプーも専用のものがあるので、変えてあげる必要があります。
シャンプー以外に食事が原因で発症する場合もあるのでドッグフードの見直しもする場合があります。

 

脂漏症の治療には現在下記のようなシャンプーも使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、シャンプーに関しては通販などでも購入することができます。
痒そうにしていたら自宅でも直ぐにシャンプーしてあげれるので人気です。

マラセチア皮膚炎治療のシャンプー⇒

 

・膿皮症
膿皮症は常在している【ぶどう球菌】が大量に発生して起こる皮膚炎です。
小さな膿の湿疹から、次第に大きな湿疹に変わり広がります。
感染した皮膚を放置しておくと穴が開いたり、悪臭を放ったりする恐ろしい皮膚炎です。
治療は、抗生物質を飲ませたり殺菌性の強いシャンプーを使ったりします。

 

膿皮症の治療には現在下記のような軟膏も使われています。
ちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
副作用も少ないので自宅に常備していると安心なのではないでしょうか。

膿皮症の治療薬⇒

 

眼瞼内反症

眼瞼が内側に反り返り、曲がり込んだ状態を言います。
まばたきするたびに眼球の表面にある角膜を刺激して、結膜炎・角膜炎・流涙症などの症状を見せるようになります。
早ければ生後2~6週齢頃からで、遅くとも1歳未満に発症します。
原因は、遺伝もありますが、体重が減少することで眼球を入れている眼窩部分の脂肪が減り、結果まぶたが空間に入り込むことで起こることもあります。
角膜炎・結膜炎の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトではジェネリックも多く取り扱っていますので、病院で処方してもらっていた薬が切れた時などにも便利です。
角膜炎・結膜炎のお薬⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる