カーリーコーテッドレトリバーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

カーリーコーテッドレトリバーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

カーリーコーテッドレトリバーはレトリバーの中でもかなり古い犬種と言われています。
原産国はイギリスでカーリーコーテッドレトリバーはアイリッシュウォータースパニエル・ニューファンドランド・セッター、そしてイギリスの土着犬などとの公開の結果、誕生したとされています。

 

優れた猟犬としての性質を受け継いだこともあり1860年にはカモ猟の獲物回収犬としてドッグショーに初めて出場したそうです。
戦争の影響もあり一時は絶滅寸前まで頭数を減らしましたが現在は愛好家たちにより危機を脱し、頭数を増やしました。

 

カーリーコーテッドレトリーバーは前震の巻き毛が特徴です。
前震に筋肉がたくましく、胸は深く、すらりとして気品がある体型です。
垂れ耳でしっぽはまっすぐです。

 

平均体重は32kg~36kgの大型犬です。

 

そしてカーリーコーテッドレトリーバーの毛色はブラックまたはレバーの単色のみとなります。

 

性格

カーリーコーテッドレトリバーは他の人に対しても基本的には温厚かつ友好的な接し方をします。
その賢さゆえに他の人をよく見て、時には距離を置くこともあるそうです。
子供とも家族と認識したなら一緒に過ごすことができます。

 

飼い主に忠実で愛情深い性格で、飼い主を守る勇敢な一面も持ち合わせています。

 

お手入れ方法

カーリーコーテッドレトリバーは鳥猟犬・水猟犬だったこともあり運動することや泳ぐことが大好きです。
健康な若い犬はたっぷりと運動の時間を与えないとストレスが溜まってしまう可能性があるでしょう。
散歩は少なくとも1日2回1時間くらいは必要となります。

 

賢く、呑み込みも早く、コミュニケーションが取りやすい為、しつけは難しくありません。
知的さゆえ戦災な面がありますので、力で抑え込んではいけません。
信頼関係を育てるようにしましょう。

 

独特の巻き毛はシングルコートで、他のレトリーバーに比べると手入れはしやすいと言われています。
年1~2度の換毛期にはかなり抜けてしまうので、その時期は週3~4回はブラッシングしましょう。

 

かかりやすい病気

カーリーコーテッドレトリバーは特徴的な遺伝性疾患は少ない犬種ですが他のレトリーバー種同様、股関節形成不全が起こることがあります。

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

 

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

 

常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

 

胃捻転

胃捻転はなんらかの原因で胃が捻転してしまい、胃の内容物が発行し、発生したガスが胃をパンパンにするほど充満して、その胃が捻転する状態です。
捻転することによって胃は、周りの臓器を圧迫します。
圧迫された臓器は壊死してしまうなど全身に影響を及ぼし、最悪のケースでは死に至ることもあります。
胃捻転を起こした場合には直ぐに処置をしないと、なかなか助からない緊急性の高い病気です。

 

症状としては“吐きたいのに吐けない”・“大量のよだれ”・“落ち着きがなくウロウロする”・“腹部を舐める”・“お腹が腫れる”・“食べたがらない”などです。
原因は“食後すぐの運動”・“ドカ食い”・“胃でガスを発生しやすい食べ物の接種”・“ドッグフードなど胃で急激に膨らむ食事の接種”・“ストレス”・“加齢”・“遺伝”などと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

はっきりとした原因がわかっていない為、予防方法はありませんがリスクを減らす為にも食後直ぐの運動やドカ食いなどは避けた方がいいでしょう。

 

角膜ジストロフィー

シェルティーは遺伝子疾患として、角膜ジストロフィーが起きやすいと言われています。
症状は、両目の角膜に白いものが浮かび濁っているように見える症状です。
痛みや炎症などはなく、失明になることは少ないですが注意が必要です。

遺伝によるものなので予防方法はありませんが少しでも変化に気になった場合は病院での診察をおすすめします。

 

白内障

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。
白内障は加齢に伴い、ゆっくりと進行するものもありますが若い年齢で発症する遺伝的素因によるものの方が発生率が高いです。
お薬で治すことは出来ませんが、進行を遅らせることができます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

白内障のお薬⇒

 

眼瞼内反症

眼瞼が内側に反り返り、曲がり込んだ状態を言います。
まばたきするたびに眼球の表面にある角膜を刺激して、結膜炎・角膜炎・流涙症などの症状を見せるようになります。
早ければ生後2~6週齢頃からで、遅くとも1歳未満に発症します。
原因は、遺伝もありますが、体重が減少することで眼球を入れている眼窩部分の脂肪が減り、結果まぶたが空間に入り込むことで起こることもあります。
角膜炎・結膜炎の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトではジェネリックも多く取り扱っていますので、病院で処方してもらっていた薬が切れた時などにも便利です。
角膜炎・結膜炎のお薬⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる