ブリタニースパニエルの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ブリタニースパニエルの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

昔から“ブリタニースパニエル”という名称で呼ばれていましたが近年は正式名からスパニエルを削除する国もあります。
ブリたにーと言えば、ブリタニースパニエルを指すことがほとんどです。

 

ブリタニースパニエルは優れた嗅覚・ポインティング能力・回収能力・従順さから、万能犬として重宝されており、紳士階級の人々から密猟者にまで広く愛されてきました。
ブリタニースパニエルはブルターニュ半島にいたスパニエルが原種なのです。
19世紀にセッターやポインターと交配して産まれたのが、ブリタニースパニエルと言われています。

 

ブリタニースパニエルはポインティング犬種の中では最小です。
足が長く、垂れ耳と毛先にゆるくウェーブがかった被毛の持ち主です!

 

たくましい筋肉と、実猟の際にふさわしいスピードや持久力、飛躍力を生かして動くのも特徴です。
尻尾は遺伝で生えている個体と生えていない個体がいます。
現在も実猟に使われている為、ケガ予防を目的として断尾も行われています。

 

平均体重は15kg前後の中型犬です。

 

性格

ブリタニースパニエルは陽気で人懐っこく、愛情深い性格で独立心が旺盛でもあります。
飼い主の指示には敏感で的確にも反応してくれます。

 

人間に忠実で、飼い方がしっかりしていれば環境への適応力も高いのが特徴でもあります。
賢くて性格もよく、抜群な性格だそうです♪

 

散歩中に空を飛んでいる鳥を追いかけたがる事もありますが狩猟犬として活躍していた頃の名残だそうです。

 

お手入れ方法

ブリタニースパニエルはとても多くの運動量が必要な犬種です。
少なくとも1日1時間~2時間の散歩や運動が必要となるでしょう。
好奇心旺盛でもあるのでゲーム要素を取り入れたすぽーるをすることでブリタニースパニエルの能力をさらに引き出すことができるでしょう。

 

自立心が強い為、しつけは飼い主との主従関係をはっきりしつける必要があります。
子犬の頃から、うまくしつけていきましょう♪
しつけしやすいので、初心者の飼い主さんでも安心です。

 

ブリタニースパニエルはダブルコートで下毛がありますが、その割に毛の手入れは難しくありません。
週に数回のブラッシングを行うようにしましょう!

 

 

かかりやすい病気

ブリタニースパニエルは純血種でありなが遺伝性疾患が少ないです。

突発性激怒症候群(レイジシンドローム)

突然激怒して他のワンちゃんや人間に対して噛み付くなどの攻撃行動をとる疾患です。
正式名を【スプリンガー・レイジ・シンドローム】と言い、日本では【突発性激怒症候群】と言われています。
もし原因もなく噛み付くようになってしまった時は突発性激怒症候群の疑いがあるので直ぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

症状が現れている時は、発作状態になっているので犬自身にはあまり意識はありません。
根本的な治療法も確立はされていないので薬物療法しかありません。
治まることも多いので根気よく治療を継続させるのが大事です。

 

愛犬がこの病に侵されても今まで以上の愛情を注いであげることが一番重要となります。

国内ではブリタニーにも時々発生しているようです。

 

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

 

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

 

常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

 

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は“皮膚真菌症”や“白癬”とも言われています。
皮膚に真菌(カビ)が感染し、皮膚炎を起こす病気です。
特に免疫力が低い状態のどうぶつや幼齢どうぶつに感染しやすい傾向があります。
皮膚糸状菌は人間、ワンちゃん、ネコちゃんにも感染する人獣共通感染症ですので、皮膚糸状菌を持つ動物と接触したり、その毛に触れたりすることにより感染します。
症状は動物であれば脱毛や表皮が剥がれたりする、皮膚が厚くなったなど、無症状の場合もあります。

 

治療法は抗真菌剤の塗布や内服にて行います。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる