スタンダードダックスの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

スタンダードダックスの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

スタンダードダックスは3種類いるダックスフンドのなかで最も大きなサイズです。
他のサイズと同様、胴長短足の体型が特徴ではあります。

 

スタンダードダックスはドイツ原産の猟犬です。
大きな垂れ耳が優し気な印象もありますが、もともと猟犬と活躍していた為、骨格はがっちりしている筋肉質です。

 

スタンダードダックスは生後15カ月を超えるまで正式にはサイズが決定しないので、成長が落ち着いた生後15か月を過ぎた時に胸囲を図って決めます!
35センチ以上ならスタンダード、30~35センチならミニチュアダックス、30センチ以下ならカニンヘンダックスということになります。

 

ただ親の大きさがら成長した大きさからある程度は想定できるので、ミニチュアダックスだと思っていたらスタンダードだったという事は、ほぼないとのことです。
短く光沢のあるスムースヘアード、柔らかな長毛のロングヘアード、ごわごわした剛毛のワイヤーヘアードと、ダックスフンドの毛質は3種類います。

 

サイズや毛色が異なる一頭一頭が個性的なダックスは、楽に飼える犬とは言えないそうです。

 

平均体重~9kgの中型犬です。

スタンダードダックスの毛色は被毛の種類によって異なります。

性格

スタンダードダックスは明るく活発で、好奇心が強く、物怖じしない性格です。
毛質によって多少、性格が異なるとも言われています。

ロングヘアーダックスフント
性格的にもスパニエルに近く、愛情深くて人なつこい性格です。

ワイヤーヘアーダックスフント
テリア気質を受け継いでおり、狩猟本能が色濃く残っています。
遊び好きで、適度な警戒心を持ち、番犬としても有用な家庭犬です。

 

お手入れ方法

スタンダードダックスは活動的で、若い頃はじっとしていません。
少なくとも1日1時間以上、ミニチュア以下でも1日に合計1時間程度の散歩をするのがいいです。

 

遊びも大好きで、短足のわりに器用でもあるのでボール遊びや、ひっぱり合うなどのゲームも喜びます、
オフリードにすると、突然ネズミや子猫を追いかけてしまうこともあるのでリードはしっかりと付けて散歩するようにしましょう!

 

家族に対しては愛情深いスタンダードダックスですから、子犬の頃からきちんとしつけを通してコミュニケーションをとりましょう。

 

被毛はダブルコートなので抜けやすいです。
ロングヘアーとワイヤーは週2回以上はブラッシングをするようにしましょう!

スムースタイプには汚れたときに蒸しタオルで体を拭く程度の最低限の手入れで充分です。

 

かかりやすい病気

椎間板ヘルニア

短足胴長の体型に関わる疾患は、ダックスフンド全体に起こりやすい病気です。

 

ヘルニアとは体内のある気管が本来、あるべき場所からはみ出している状態のことをいいます。
椎間板とは背骨の間にある組織で、骨と骨の間でクッションのような役割を果たしています。
原因は加齢によるもの、遺伝的なものがあります。
遺伝は胴長の犬種に多く、仔犬の時はあまり発症はしませんが若齢で発症することはあります。

 

仔犬の時からバランスのいい食事をし、適度な運動をしてスリムな体系を維持することで予防することもできます。
太っていると関節を痛めやすいので注意しましょう!!

 

症状は前肢に麻痺を起こしたりします。また、肢を擦るように歩くなどの歩行異常があったりソファーに飛び乗らなくなったり等の前兆があれば病院で診てもらいましょう。

 

熱中症

ダックスは足が短いので地面との距離が近いのでかかりやすくなっています。気を付けましょう!

 

蒸し暑い状況に長時間いることで発症する病気です。
夏場の暑い時間帯の、お散歩・空調のない部屋・車の中での長時間のお留守番は避けましょう。
夏場のお散歩は夜でも地面が熱を持っていることがありますので人間が触って暑くないか確かめるといいでしょう。
どうしても夏場お出かけしないといけない場合は、保冷剤を持ち歩くのもおすすめです。

 

糖尿病

血液内の糖を下げるインスリンが出にくくなり、血糖値が上昇してしまう病気です。
よく飲むのにおしっこが多い、食欲があるのに体重が減る、目が白っぽくなったりする(白内障)などであれば直ぐに動物病院へ連れていきましょう。

生涯にわたってインスリン注射・食事管理が必要で負担も大きい病気です。
日頃から食事管理・適度な運動をして予防するようにしましょう!

 

乾性角結膜炎

ダックスフンドの目は、大きく飛び出していて、うるおいが不足しがちです。

乾性角結膜炎とはドライアイのことです。
目の表面が乾いて、角膜と結膜に炎症が起こす自己免疫疾患です。
原因は遺伝もありますが、眼球面積の大きな犬種がよくなりやすいと言われています。
“結膜の充血”・“浮腫”・“角膜の充血”・“色素沈着”・“眼脂”・“瞼の痙攣”などが見られることがあります。
ドライアイの治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトは病院へ行く時間・手間が省けるので便利ですね。

ドライアイのお薬⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる