スタッフォードシャーブルテリアの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

スタッフォードシャーブルテリアの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

スタッフォードシャーブルテリアはイギリス原産の犬種で“スタッフィ”とも呼ばれる犬種です。
イギリスでは19世紀にうぬと牛やクマを戦わせるスポーツ用に改良されました。

 

ギャンブルに使用されたスタッフォードシャーブルテリアですが1835年には、闘犬による競技は全て禁止にされましたが、裏では犬同士を戦わせるギャンブルが50年近くも続いたと言われています。
時代とともに闘犬への関心も薄れ、いつしか行われることはなくなりました。
スタッフォードシャーブルテリアの愛好家は闘犬としてだけではなく、スタッフォードシャーブルテリアの良さを残したいと軽いタイプにわずかながら飼育が続けられました。
そしてスタッフォードシャーブルテリアはイギリスで家庭犬として人気を集めるようになったとのことです。

 

スタッフォードシャーブルテリアは体長が体高よりも少し長く、ガッチリとした筋肉質の体つきをしています。
頭は大きく、耳は半立ち、しっぽは中くらいの長さで垂れています。

 

平均体重16kg~18kgの中型犬です。

 

毛色は明るい茶色(レッド)・淡い褐色(フォーン)・黒と多色混合(ブリンドル)・黒・青みがかった灰色・ブランク&タン・ホワイトなどがあります。
ブラック&タンとレバーは犬種標準では認められていない毛色です。

 

性格

スタッフォードシャーブルテリアは明るく、人懐っこく無邪気で飼い主と家族のことが大好きな犬です。
飼い主に対しては従順ですが、売られた喧嘩は買うタイプなので、他の犬やしょうどうぶつに対しては攻撃的になる事もあるので注意が必要です。

 

基本的には優しい性格なので子供とも仲良く付き合うことが出来ます。
度を越して手荒に扱われるのは嫌いますので注意しましょう!

 

イギリスでは愛情深く、面倒見もよいので子守犬としても知られるスタッフォードシャーブルテリアです。

 

お手入れ方法

スタッフォードシャーブルテリアは体力もあり運動が大好きです。
太りやすい犬種でもありますので、毎日眺めに散歩へ行くようにしましょう!
気候のいい時は1日1時間くらいを早足で歩くのがおすすめです。
暑さには弱いので、暑い季節の散歩は短めに切り上げ室内で遊ぶのがいいでしょう。

 

スタッフォードシャーブルテリアのしつけは力で押さえつければ力で返されることもあるので、子犬の頃から信頼関係をつくりが大事になります。
ふいに他の犬と負けん気を発揮して喧嘩になることがあります。
ドッグランなどへ連れて行く希望があれば、呼び寄せ等の訓練は必ず行いましょう。

 

スタッフォードシャーブルテリアは短毛なので被毛の手入れは、ほぼ必要ありません。
ただ皮膚のシワの間は汚れが溜まらないようにこまめにタオル等で拭き取ってあげるのがいいでしょう!

 

かかりやすい病気

スタッフォードシャーブルテリアには、特徴的な遺伝疾患はいくつかあります。

 

緑内障

眼の中の圧があがる、痛み・視力の低下・失明などの視野に障害がでてしまう病気です。
“原発性緑内障”と“続発性緑内障”に分けられ原発性緑内障は生まれつきの場合をいいます。
続発性緑内障は白内障・ぶどう膜炎・水晶体脱臼など他の疾患が原因で緑内障が起きる場合です。

 

症状は充血や角膜・結膜の浮腫・牛眼などが見られます。
それによって元気がなくなったり、食欲がなくなったりもします。

治療法は点眼薬・内服の他、外科療法があります。
違和感を感じたら直ぐに病院へ連れていきましょう。
緑内障の治療には現在下記のような点眼薬も使われています。
ちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
緑内障が進行してしまう前に使用するとより効果的です。

緑内障治療のためのお薬⇒

白内障

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。
白内障は加齢に伴い、ゆっくりと進行するものもありますが若い年齢で発症する遺伝的素因によるものの方が発生率が高いです。
お薬で治すことは出来ませんが、進行を遅らせることができます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

白内障のお薬⇒

 

チェリーアイ

チェリーアイは第三眼瞼が外に飛び出してしまった状態の事です。
炎症を起こして腫れあがった第三眼瞼がサクランボのように見える事から「チェリーアイ」と呼ばれています。
飛び出した第三眼瞼が角膜や結膜を刺激する事で角膜炎や結膜炎を引き起こします。

 

この病気は先天性と後天性に分類され先天性の場合は結合組織によって繋ぎとめる力が弱くなります。
後天性の場合は、目やその周囲に外傷を負っている場合や、目の奥に腫瘍がある場合にみられます。

 

症状としては目を擦ったり、瞬きの回数が増えたり、涙が流れたり、充血します。
治療法は飛び出した第三眼瞼が小さければ抗炎症薬の点眼などです。
あとは外科手術による整復手術が必要となります。

 

 

スタッフォードシャーブルテリアは肥満細胞腫や悪性腫瘍の好発犬種としても知られています。

肥満細胞種

犬の癌の一種で愛犬を失ってしまうかもしれない怖い病気です。
体型の“肥満”とは関係がなく、基本的には悪性の腫瘍ですので放置してはいけません。
犬の皮膚に発生する悪性腫瘍の中でも約15~約20%を占めていて皮膚腫瘍野中でも多く見られる腫瘍の一つです。

 

“脂肪のような柔らかい塊”ができたりします。
他にも毛が抜けたり、蚊に刺されたように赤く腫れているなど症状は様々です。
肥満細胞腫は悪性の度合いによりグレード1~3に分類され、グレードは手術後に判明します。

 

原因は明らかにはなっていませんが環境要因・遺伝・免疫機能の低下により発症する等の原因が考えられます。

治療はグレードにより異なりますが“外科療法”“放射線療法”“内科療法”などがあります。
この病気は早期発見・早期治療が大事となりますので、愛犬の体に触ってチェックしていれば見つけることができます。

 

マッサージをしながらしこりや腫れているところがないかチェックするようにしましょう。
もちろん定期的な健康診断も早期発見につながります!

 

アカラス症

アカラス(ニキビダニ)とは犬の毛穴に寄生しているダニの一種です。
どの犬にも存在していて、人間の皮膚にも寄生しているものなので基本的に怖いものではありません。

 

ただこのアアカラスが異常増殖してしまうと脱毛を伴う皮膚炎として進行してしまいます。
原因は母犬から感染すると言われ、自己免疫力や抵抗力の低下などが原因で異常繁殖するとアカラス症になります。
子犬だけではなく成犬に見られることもあります。
顔の毛が薄くなったり、皮膚が赤くなったり、フケが増えたりする症状が見られます。

 

治療法は、完全な駆除は難しく、根気よく治療を行う必要があります。
早期発見が重要なので症状が見られた時には直ぐに動物病院へ行きましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる