アメリカンコッカースパニエルの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

アメリカンコッカースパニエルの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

アメリカンコッカースパニエルはヨーロッパ各国に持ち出され、猟の用途別に改良がなされました。
アメリカンコッカースパニエルの先祖であるイングリッシュコッカースパニエルも同じイギリスに持ち込まれたのが最初とされています。

 

スパニエルという名はフランス語で「スペインの」という意味です。
でもスペインから持ち込まれたわけではなく、ヨーロッパの広い範囲で飼育されていたと言われています。

 

平均体重は11kg~13kgの中型犬ですが、中型犬の中では小さい方です。

 

もともとは猟犬ですので、がっちりとした筋肉質な体つきをしています。
被毛は量が長く多めで軽くウェーブしていて、耳周りの毛量は豊富なのも特徴です。

 

毛色はブラック単色・タンのあるブラック・ブラック以外の明るい単色クリーム・ダークレッドブラウンなどがあります。

性格

アメリカンコッカースパニエルは明るく、人懐っこく、好奇心も旺盛です。
尚且つ、おおらかで警戒心や神経質な点も少なくです。

 

飼い主の期待に応えようと頑張る姿が従順でとっても可愛いです。
お留守番などは苦手なので、あまり長時間のお留守番は避けるようにしてあげましょう。

 

楽天的で甘えん坊な一面もありますが、学習能力も高いので初心者でもしつけやすい犬種です。

 

お手入れ方法

体力もあり運動するのも大好きなので毎日1時間程度の散歩はしてあげましょう。
遊びも大好きなのでドッグスポーツにも向いているそうです。

 

アメリカンコッカースパニエルは抜け毛が多い犬種とも言われています。
ウェーブがかっている毛は可愛いくもありますが、絡まりやすいので毛玉を放置して皮膚病などにならないようにしましょう。

 

手入れは毎日か2日に1回はブラッシング、2か月に1回のトリミング、2週間に1回のシャンプーがおすすめです。
アメリカンコッカースパニエルの人気カットスタイルは足元に向かって毛のボリュームを広げるスタイルです。
家庭でするのは難しいのでトリミングが必要となります。

 

かかりやすい病気

白内障

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。
白内障は加齢に伴い、ゆっくりと進行するものもありますが若い年齢で発症する遺伝的素因によるものの方が発生率が高いです。
お薬で治すことは出来ませんが、進行を遅らせることができます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

 

緑内障

眼の中の圧があがる、痛み・視力の低下・失明などの視野に障害がでてしまう病気です。
“原発性緑内障”と“続発性緑内障”に分けられ原発性緑内障は生まれつきの場合をいいます。
続発性緑内障は白内障・ぶどう膜炎・水晶体脱臼など他の疾患が原因で緑内障が起きる場合です。

 

症状は充血や角膜・結膜の浮腫・牛眼などが見られます。
それによって元気がなくなったり、食欲がなくなったりもします。

治療法は点眼薬・内服の他、外科療法があります。
違和感を感じたら直ぐに病院へ連れていきましょう。
緑内障の治療には現在下記のような点眼薬も使われています。
ちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
緑内障が進行してしまう前に使用するとより効果的です。

緑内障治療のためのお薬⇒

 

拡張型心筋症

アメリカンコッカースパニエルは拡張型心筋症を起こしやすとも言われています。

 

心臓を構成している筋肉が正常に動かなくなり、血液が充分に全身へ行き渡らなくなる病気です。
原因は不明とされており加齢とともに発生率も高まると言われています。
症状としては咳や呼吸困難・失神が見られ最悪の場合には突然死することがあります。

治療によって症状の軽減や突然死を防ぐこともできます。
手遅れというケースが多いので、動物病院で定期検診を受けることをオススメします。

 

外耳炎

垂れ耳のワンコがなりやすい病気です。
通気も悪く、湿気などで衛生状態が悪いと炎症が起こります。
イヤークリーナーを使って定期的に掃除してあげる必要があります。
犬はピンポイントで耳を掻くことが出来ないので注意してあげましょう!
外耳炎・中耳炎の予防には現在下記のような耳用の消毒液が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
予防薬なども揃っていますのでチェックしてみるのもいいですね。

耳の消毒液⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる