レークランドテリアの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

レークランドテリアの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

レークランドテリアはイギリスの湖水地方で生まれました^^

そして。もともと農家で作物を襲うイタチやキツネを追い払う為にレークランドテリアが生れました。

家庭犬向きではないレークランドテリアは大流行になることはありませんでしたが今もテリア犬を愛する人たちによって飼育・繁殖が行われています。

 

体長と体高がほぼ同じ長さでバランスのいい体型をしたテリアです。
作業犬にふさわしい頑丈な体格をしています!
肩幅が細いのも特徴です。
ヒゲもおじいさんのように垂れ気味なのがとっても可愛い!

 

平均体重は7kg~8kgの小型犬です。

 

毛色はブルー・ブラック・レバーブラック&タン・ガンバーラブルー&タン・レッド・ウィートン・レッドグリズルなどがあります。

 

性格

レークランドテリアは頭がよく独立心が旺盛で少し頑固な一面も持っています。
飼い主には忠実ですが、飼い主以外の人や他のペットには少し攻撃的です。

 

攻撃性は勇敢さを持つ性格の裏返し。
基本は明るく活発です。

 

警戒心も強い為、番犬的な役割も大丈夫かもしれません。

 

お手入れ方法

毛質は粗いオーバーコートの下には柔らかい下毛のあるダブルコートです。
週に3回程度のブラッシングやコーミングをしてあげるとよいでしょう!
また毛が伸びると乱れますので、年に数回はカット、もしくはトリミングに出すのがベストです。

 

レークランドテリアは小型犬ですが、活発なので多くの運動量が必要です。
散歩は1回30分~1時間くらいを1日2回程連れて行ってあげるのがいいです。

 

飼い主と一緒にいることが大好きなので、ボール遊びなどで構ってあげると喜びます。
放し飼いにすると、猟欲が強いワンコなので猫や小動物を追ってしまうことがあります。
オフリードにすることはオススメしません。

 

しつけについては、力で抑え込もうとすると不信感がうまれ逆効果です!
テリアは飼い主を喜ばせるのが大好きなので、褒めて育てる方がいいでしょう。

かかりやすい病気

レークランドテリアは遺伝的な疾患が少ないと言われていますが、その中でも気を付けたい病気があります。

 

水晶体脱臼

目には水晶体と呼ばれる気管があり、水晶体が正常な位置から外れてしまった状態のことを言います。
原因は遺伝性・眼球打撲・外傷性に起こる場合もあります。
その他にも、眼球内の腫瘍・炎症・白内障・緑内障に続発して起こる場合もあります。
症状は瞳孔の一部の水晶体が欠けていたり、虹彩や水晶体が小刻みに揺れているといったものが基本です。
目を気にするような仕草を見せることもあり、肉眼で確認することが出来るので、瞳の中に違和感をもった時は獣医の診察を受けましょう。

 

白内障

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。
白内障は加齢に伴い、ゆっくりと進行するものもありますが若い年齢で発症する遺伝的素因によるものの方が発生率が高いです。
お薬で治すことは出来ませんが、進行を遅らせることができます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

 

白内障のお薬⇒

 

肘関節形成不全

前腕部と上腕部を連結する肘関節に異常がみられる状態のことです。
異常があると関節が噛み合わなくなり、痛みや運動障害を引き起こしてしまいます。

 

遺伝や骨が成長する4ヶ月齢から10ヶ月齢の時に機械的ストレス(激しすぎる運動、落下、急激な体重増加など)が原因で発症します。
症状としては“歩き方がおかしい”・“運動を嫌がる”・“前脚の形がおかしい”・“肘を曲げるのを嫌がる”・“肘関節の腫れ”などがあります。
症状が進行すると重度の跛行を示します。
年齢や状態によって外科手術を行う場合もあるので、様子がおかしいと思った場合は直ぐに獣医に診てもらいましょう。

 

フォンウィルブランド病

フォンウィルブランドはレークランドテリアの遺伝性の血液疾患とも言われています。

フォンビルブランド因子の異常によって起こる遺伝性疾患です。
止血異常を起こし出血傾向などの症状を起こす病気です。

 

原因は3つのタイプがあり、1型はフォンビルブランド因子の量的な低下。
2型はフォンビルブランド因子の質的な異常。
3型はフォンビルブランド因子が完全に欠損することで止血異常を起こします。
症状は外傷を負った時の過度な出血・鼻出血や歯肉の出血など粘膜からの出血・血尿、消化管からの出血・皮下出血などです。

 

止血異常を改善する治療法はありませんが過剰出血が起こった場合は輸血などがあります。
1型・2型の場合はホルモン剤である酢酸デスモプレシンが血管に貯留されたフォンビルブランド因子を一時的に放出させるため有効ですが3型には因子の完全欠損のため効果はありません。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる