ミニチュアシュナウザーの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ミニチュアシュナウザーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

特徴

シュナウザーには“ジャイアント”“スタンダード”“ミニチュア”と3種類あり正統なスタンダードシュナウザーを小型にしたのがミニチュアシュナウザーです。

 

ミニチュアシュナウザーの特徴と言えば名前の由来でもあるヒゲですよね^^
ドイツ語で【ヒゲ】のことをシュナウツと言うからだそうです。

 

体は丈夫で筋肉も発達していて、四角く骨太でスクエアタイプです。
耳は前方に折れていますが自然に立つ場合もあります。

 

平均体重は7kg前後の小型犬です。

 

毛色は“ソルト&ペッパ”“ブラック”“ブラック&シルバ”“ホワイト”の4色です。
子犬の時の方が色も濃いのが特徴です。

 

日本でもミニチュアシュナウザーを飼われている家庭も多く【シュナカット】というカット名が付くくらい人気が高い犬種です。

ちなみにシュナカットはこのような感じ⇓

ヒゲが更に協調された素敵なカットです♪

 

性格

ミニチュアシュナウザーは賢く、好奇心が強くて、遊びも大好き!
家族に対しては愛情深いですが、時には警戒心が強い一面も。

 

主人に対する忠誠心が強いので興味がない人には、そっけない態度をとる事も。
基本的に人懐っこく、友好的なので子供に対しても優しい態度で接することができます。

 

コミュニケーション力も高いミニチュアシュナウザーなので散歩やドッグランなどで他の犬や人と接する機会を作ってあげるのがいいです。

お手入れ方法

筋肉質ではありますが、あまり激しい運動は必要ありません。
好奇心旺盛で活発なので散歩は大好きです!
1日に30分~1時間ほどの散歩と室内での遊びで十分だと言われています。

 

ミニチュアシュナウザーの毛質はダブルコートです。
抜け毛は少なめですが、ワイヤーのような固めの毛質なの絡まりやすいので毎日のブラッシングは必要となります。
毛を抜くトリッピングも行われるようですが行う時は技術のあるトリマーさんにお願いしましょう。
トリッピング後は細菌などの影響も受けやすいので清潔に保つのが基本です。

かかりやすい病気

白内障

目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。
白内障は加齢に伴い、ゆっくりと進行するものもありますが若い年齢で発症する遺伝的素因によるものの方が発生率が高いです。
お薬で治すことは出来ませんが、進行を遅らせることができます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

 

白内障のお薬⇒

 

尿石症

尿石症は人間にも起こる病気ですが犬猫にとっても珍しい病気ではありません。
もちろん犬猫にとっても痛い尿石症なのです。
尿石症は腎臓・尿管・膀胱・尿道のどこかに結石ができる病気です。
症状は、おしっこの時に痛がる・頻尿になる・血尿になる・おしっこが濁っている・食欲がなくなる等です。

 

尿石症は主に2種類あります。

 

ストラバイト結石
若いワンコに発症しやすく、尿がアルカリ性になっている。
ワンコの尿石症の60~70%がストラバイト結石と言われています。

 

シュウ酸カルシウム結石
高齢のワンコに発症しやすく、尿が酸性尿になっている。
ストラバイト結石の食事療法を長期間行行うことで発症してしまうことがあり、少し厄介。
また、再発率が高いことも特徴です。

 

結石の原因はミネラルバランスの悪い食事やタンパク質の多い食事をしていることが原因でもあります。

治療法は基本的に食事療法が中心となります。

 

停留睾丸

オスの睾丸の片方または両方が居りてこずに体の中に留まっている状態のことです。
何らかの原因で精巣が完全に降りてこないで途中で止まってしまった状態が停留睾丸です。

 

原因ははっきりと特定はされておらず、遺伝疾患のひとつだと言われています。
痛みや不快感はありませんが、両方停留している場合には生殖能力がありません。

 

停留睾丸を治療する為には、外科的な手術しか方法がなく手術をしない場合、一番心しておかなくてはいけないことは精巣腫瘍の発生率が明らかに高くなること。
停留睾丸ではない未去勢のオス犬に比べて6~10倍の発生率と言われています。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる