ペットの出ベソは放っておくとどうなるの?臍ヘルニアの症状と治療法とは

「へそ」のヘルニアである臍(さい)ヘルニアは、俗にいう「でべそ」のことです。へその部分から腹腔内臓器の一部が外側へ飛び出してしまっている状態をさします。なお、一部の犬種では遺伝が関係していると考えられています。

 

【症状】ふくらみが大きければ要注意

臍ヘルニアになると、臍の部分が膨らんでいわゆる「でべそ」の状態になります。マスカットくらいの大きさから、大きいものはリンゴ大までと大きさはさまざまです。ヘルニア部分が小さければ、症状は「でべそ」だけの軽症例がほとんどです。その場合は脂肪組織が皮下に飛び出しており、触ると柔らかく押せば元に戻ります。しかしヘルニア部分が大きいと、脂肪だけでなく腸管の一部が入り込み、腹部の痛みや便秘、食欲不振、嘔吐などの症状がみられるようになります。腸管が元に戻らなくなると、締め付けられて血行が滞ったり腸閉塞を起こすこともあります。

 

【原因】臍ヘルニアは先天的に起こる

臍ヘルニアは先天的に起こります。生後間もない子犬の場合、通常では腹腔からへその部分に通じる穴が成長にともなって自然に閉じますが、閉塞が不十分だと臓器の一部が飛び出してヘルニアが起こります。また、エアデールテリア、バセンジー、ペキニーズ、シーズー、ビーグル、キャバリア、秋田犬など、一部の犬種では遺伝が関連していると考えられています。

 

【治療】自然治癒しなげれば外科手術

臍ヘルニアが小さいものであれば、子犬の成長にしたがって自然治癒するケースも多いため、生後半年ほどは経過を見守ることもあります。自然に閉じない場合には外科手術により治療します。避妊手術などで開腹する際に同時に整復することもできます。ただし腸管や脂肪が脱出して重症化したり、腸閉塞や腸の締め付けで血行阻害を起こしている場合には緊急手術を行います。

 

【予防】軽いヘルニアでも注意して観察する

臍ヘルニアの予防法はありません。臍ヘルニアは多くの場合処置を取らなくても問題はありませんが、腸閉塞などの重い症状を引き起こす可能性もありますので、小さいヘルニアがある犬の場合はこれらの症状に注意しましょう。ヘルニアが自然に閉じない場合には外科手術が奨励されます。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる