時には死に至ることも。巨大食道症とはどんな病気?

巨大食道症は愛犬・愛猫ともにかかってしまう恐れのある病気です。食道拡張症とも呼ばれ、食事をした際に口から胃まで食べ物を運ぶ食道が拡張してしまいます。食道の機能が低下することにより起きる病気です。

食道の機能が低下すると十分な食事をとることができなくなります。場合によっては流涎(よだれ)が止まらなくなり、飲食物を何も飲み込むことができなくなります。

【症状】主な症状は嘔吐

巨大食道症の症状は、食事をとった際に、食道内で食べ物や飲み物がうまく胃まで届かず、拡張してしまった食道にたまってしまいます。口から食べ物をすべて吐き出してしまうのが主な症状です。一度口にした飲食物は、胃に到達する前に吐き出してしまうため、通常の嘔吐と異なり、噴出するように吐くのが特徴です。

また、いくら食べてもすぐに吐いてしまうため子犬・子猫の場合、発育不良が目立ちます。成犬・成猫の場合は体重が落ち、衰弱してしまいます。

飲食物を吐いたときに嘔吐物が気管に入ってしまうこともあり、その結果鼻炎や肺炎などを引き起こし、発熱や咳、呼吸困難などの症状を引き起こします。最悪の場合死に至ります。

【原因】先天性と後天性の原因

先天性の原因

生まれつき食道に障害があるものを先天性巨大食道症といい、現在原因は分かっていません。食道自体に問題がなくてもそのまわりの血管などに生まれつき問題があって発症する場合もあります。

後天的な原因

後天性食道症も原因がわからず発症することがあります。

主な原因として考えられるのは、ホルモンの異常、重症無力筋症などが考えられており、その他神経や筋の疾患、先天的な血管の異常により食道外部からの圧迫で発症する場合もあります。

【治療】症状により異なる治療法

犬の場合

巨大食道症の原因や愛犬の症状により治療法は異なります。一般的な治療法は愛犬を立たせた状態で食事をとらせ、食後もしばらく立たせます。(重力により食べ物が胃まで運ばれるのを待つ)。場合によっては胃にチューブを通して、直接栄養を補います。

また、食道以外の部分に原因がある場合は、その原因の対処をします。例えば原因が甲状腺機能低下症であれば、甲状腺ホルモンを補うことで治るケースがあります。

その他食道や肺の炎症を起こしている場合は抗生物質の投与。疾患を起こしてしまっている場合は各種類の疾患に合わせた治療法を行います。食道内に異物がある場合は手術することもあります。

猫の場合

適切な健康管理によって状況を改善することができます。先天性の血管異常による場合は外科手術で治ることがあります。後天性で他の病気にかかってしまった場合、原因になっている病気の治療により巨大食道症の症状が改善することがあります。

食事の際は犬と同様立たせた状態で重力の力で胃まで飲食物を運んであげましょう。立たせるのが困難な場合は鼻や胃にチューブを通して栄養を補います。

【予防】早期発見、早期治療が大切

巨大食道症のいちばんの予防は、早期発見、早期治療です。後天性の場合他の病気が原因で巨大食道症を発症することがあります。嘔吐の症状が続き衰弱してしまうと、手術に耐えられない体になってしまうため、愛犬愛猫の様子がおかしい、嘔吐がひどいときはすぐに獣医師の診断を受けましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる