他の病気との区別が難しい・・・膵炎の原因と症状についてよく知っておこう

膵炎は犬や猫もかかる病気です。何らかの原因により、自らが作り出す膵液によって膵臓が強い炎症を引き起こします。ひどい場合には膵臓の組織が壊死してしまい、命にかかわることもあります。また症状が出ても他の病気との区別が難しいこともあるので、膵炎の症状をよく知っておくことが早めの発見につながります。

 

【症状】他の疾患との区別が難しい

膵炎には急性膵炎と慢性膵炎があり、症状が異なります。急性の場合、下痢や嘔吐、発熱や脱水、元気の低下、食欲不振、呼吸が速いなどの症状がみられます。慢性では、症状は軽いものの急性膵炎と同じような症状が断続的にあらわれます。また重症化すると、激しい腹痛や嘔吐とともに呼吸困難、脱水などショック状態に陥り命にかかわることもあります。しかしこれらの症状は他の疾患と類似している部分が多く、診断に時間がかかる場合もあります。

 

【原因】膵炎の原因とは

膵臓は、消化液を分泌して消化器官での消化を助けるはたらきをしますが、消化器官に送られるべき消化液がさまざまな原因によって逆流してしまい、膵臓自体を消化したり周辺の臓器や脂肪に強い痛みをもたらしたりします。はっきりした原因はまだ特定されていませんが、脂肪分の多い食事を摂っていることや、肥満などが要因であるとされています。さらに、クッシング症候群、上皮小体機能亢進、ウイルスや寄生虫の感染、腹部の外傷や手術、ステロイド剤や利尿剤など薬物の投与なども膵炎の要因としてあげられています。膵炎は中年齢以上のメスに発症例が多く、犬種ではミニチュア・シュナウザー、ミニチュア・プードル、コッカースパニエル、ウェスティなどが発症率が高いとされています。

 

【治療】膵臓の負担を減らす治療も

膵炎の治療方法は炎症の度合いによって異なります。いづれにしても主に内科的治療が行われ、鎮痛剤や制吐剤、抗生剤などが症状に合わせて投与されます。それと同時に膵臓を休ませるために絶食を行い、低脂肪・低たんぱくの食事を与えて負担を減らし、栄養を補うための輸液療法が行われることもあります。

 

【予防】脂肪分は控えて肥満を防ぐ

膵炎には他の病気と共通する症状が多くみられるため、診断に時間がかかったり様子を見ている間に病状が進行してしまうことがあります。膵炎という病気の存在とその症状について知っておき、気になる症状が見られたら早めに病院で診察を受けるようにしましょう。また脂肪分の多いフードやおやつを控え、バランスのとれた食事で肥満を予防することも膵炎を防ぐことにつながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる