足の付け根に膨らみを見つけたら・・・鼠径ヘルニアの症状と治療法とは?

鼠径(そけい)部とは足の付け根の部分を指し、そこに何らかの原因によって膀胱や腸などの内臓が皮膚の下まで飛び出してしまっている状態を鼠径ヘルニアといいます。内臓が飛び出している部分は膨らんで見えるので、比較的気づきやすい病気といえるでしょう。

 

【症状】逸脱した臓器によって様々な症状が出る

鼠径ヘルニアは、内臓が本来の位置から逸脱しているので触ったり見ただけでも膨らんでいるのがわかります。隙間がまだ小さければ、腫れている以外は無症状です。

重症化すると大きくなった隙間に内臓がはまり込み、腸の動きが悪くなって腸閉塞の症状(嘔吐、下痢、便秘、腹痛、食欲低下など)があらわれることもあります。膀胱がはまり込んでしまった場合には排尿が困難になり、元気がなくなったり嘔吐や食欲不振の症状がみられるようになります。

 

【原因】先天的原因であることが多い

鼠径ヘルニアは先天的な原因によることが多く、まだはっきりしたことはわかっていませんが遺伝が関与していると考えられています。犬は骨格的に背骨から臓器が吊り下げられているため、骨格に少しでもゆがみがあると重力によって臓器が飛び出しやすいという特徴もあります。

後天的に起きるケースとしては、事故などによる外傷や、肥満や出産によって腹圧が強くかかったことが要因で発症する例があります。

鼠径ヘルニアを発症しやすい犬種としては、チワワ、ミニチュア・ダックスフント、ポメラニアン、ミニチュア・ピンシャー、ウェスティなどの小型犬があげられています。

 

【治療】外科手術による処置

ヘルニアが小さければ、定期的に受診しながら経過観察を行う場合もあります。子犬であれば成長とともに筋肉が発達して自然治癒する可能性もあります。

しかし、肥満や妊娠によってヘルニアが拡大するおそれもあるため、外科手術が推奨されることが多いです。手術では飛び出てしまった臓器や組織を元の位置に戻し、広がってしまった隙間をふさぐ処置がとられます。

 

【予防】先天性原因は予防が困難

鼠径ヘルニアは先天的な原因であることが多いため、予防は難しいといえます。早期に発見して早めに治療してあげることが一番重要です。

後天的な要因で起こるのを防ぐためには、犬同士のケンカなどでケガをさせないように注意したり、腹圧が高くなる食後には激しい運動をさせないなどの注意をする必要があります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる