排便が大変になる肛門周囲炎・肛門周囲瘻とは??

肛門周囲炎・肛門周囲瘻とは、肛門の周りに散在している小さな分泌器官(腺)に炎症が発生した状態です。肛門周囲は、常に便や泥などで汚染されていて、病気をおこしやすい環境下にあります。肛門嚢と呼ばれる所が悪化すると、肛門嚢炎(こうもうのうえん)になります。そして、この肛門嚢炎が更に進行すると、次第に化膿巣が肛門周囲に広がっていき、肛門周囲炎になります。また、肛門周囲瘻は、肛門嚢炎から進行する形だけではなく、肛門周囲の汗腺や毛包に細菌感染が起こり、皮膚炎となり、それが進行して膿瘍が形成されて発症します。

【症状】肛門周囲炎・肛門周囲瘻の症状

肛門周囲炎・肛門周囲瘻の症状は、うんちが出にくい、肛門周囲の腫れや赤み、肛門からの悪臭などが一般的です。炎症がひどい場合には排便時に痛みのために鳴きわめいたり、排便を我慢してしまい便が出ないこともあります。肛門に不快感を覚えると肛門が気になり始め、肛門を舐めたり、咬んだり、肛門を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけるなどの仕草をします。

【原因】肛門周囲炎・肛門周囲瘻の原因

肛門周囲炎・肛門周囲瘻は、肛門のアポクリン腺がやや多く、また直腸炎にかかりやすい犬が、多く発症しやすいと言われています。貯留物を排出するカが弱い場合などに、貯留物が溜まり過ぎてしまい、肛門周辺の通気が悪くなったり、肛門の血流が悪くなったりして炎症を起こしやすくなると推測されています。『ジャーマンシェパード』、『アイリッシュセッター』は好発犬種として挙げられます。また、原因が不明場合は、ストレス、便秘や下痢、肥満、高齢など、多くの要因が絡み合って発症すると考えられています。

【治療】肛門周囲炎・肛門周囲瘻の治療

治療は肛門嚢を絞って溜まりすぎている貯留物を排出させます。炎症がひどい場合や化膿が起こっている場合には薬(抗生物質、プレドニゾロン、シクロスポリン、タクロリムス、鎮痛剤)の投与を行います。何度も繰り返してしまったり皮膚が破けてしまっている場合には、肛門嚢摘出の手術を行う必要があります。その他、低アレルギー食を摂取させたり、毛刈りと毎日の薬浴洗浄を行います。

【予防】肛門周囲炎・肛門周囲瘻の予防

肛門を気にするような仕草をする場合には、こまめに肛門嚢を絞りましょう。肛門嚢の内容物は、一般的には排便時に出るのですが、導管が塞がりがちな仔犬や肛門括約筋が低下していて、排便時に排出が難しい犬に関しては、月に一度の肛門嚢の排出を行うようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる