栄養が吸収できない??吸収不良症候群による体への影響は?

吸収不良症候群とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、栄養障害を起こす病気のことをいいます。とくに脂肪の消化吸収が阻害された症状を指し、障害の程度や持続期間によって低栄養状態が異なります。この病気は、原発性吸収不良症候群と、続発性吸収不良症候群の2種類に大きくわけられます。

【症状】吸収不良症候群の症状

吸収不良症候群の症状は、下痢、脂肪便、体重減少、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)、腹部膨満感(ぼうまんかん)、浮腫、貧血、出血傾向、病的骨折、テタニー(四肢の硬直性けいれん)、むくみ、口内炎、骨軟化症、成長障害、眼症状、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)、無月経、皮疹などがみられます。各種栄養素の吸収過程で最も早く障害を受けるのが脂肪なため、脂肪吸収障害に基づく慢性下痢(頻繁に下痢をする)や脂肪便が高頻度にみられる最も重要な症状です。

【原因】吸収不良症候群の原因

原発性吸収不良症候群の場合、栄養の吸収が行われる過程そのものに障害があり腸上皮(ちょうじょうひ)における膜消化(まくしょうか)が正常におこなわれないために引き起こされます。スプルー(熱帯性下痢)は、セリアックススプルーと熱帯性スプルーに分類されています。セリアックススプルーが、小麦蛋白(こむぎたんぱく)のグルテンに対する過敏反応によって生じ、遺伝的要因の関与が推測されているのに対し、熱帯性スプルーは感染症に起因すると考えられています。いずれも欧米に多く、日本では極めてまれな病気です。
一方、ラクターゼなどの腸酵素の欠乏症の多くは遺伝的に規定されていると考えられています。
続発性吸収不良症候群の場合、クローン病など広範囲にわたる腸病変、アミロイドーシースなどの全身性の病気や胆道がんなどでの消化酵素分泌障害といったものが原因として考えられます。

【治療】吸収不良症候群の治療

症状が軽い場合は食事治療が行われます。高たんぱく、低脂肪、低線維質の食事コントロールを行うほか、消化酵素を取り入れます。
反対に症状が重い場合は、半消化態栄養剤か成分栄養剤を取り入れる経腸栄養法が行われます。吸収不良症候群の原因疾患がある場合には、診断を確定してその病気の治療を行います。

【予防】吸収不良症候群の予防

吸収不良症候群の予防は、遺伝的要因や感染症が原因であるため難しいです。また原因であるスプルーは、日本では珍しいのでそこまで発症することはありません。万が一のために備え食事を高たんぱく、体脂肪にしたり、体を清潔にしたりするなどして工夫しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる