発症は稀だが症状は主要ながんと変わらない?命を落とす消化器官の腫瘍とは??

消化器官の腫瘍(がん)は発症が少なく、全腫瘍の1%未満とかなり稀になります。年齢は10歳前後になりやすく、腺癌は雄に多く、腺腫は雌に多い傾向が見られます。消化器官の腫瘍には良性・悪性があり、良性は腺腫、平滑筋腫などです。悪性は腺癌、平滑筋肉腫、胃腸管間質性腫瘍(GIST)、リンパ腫などになります。

【症状】消化器官の腫瘍の症状

がんは時間が経過すると共に、症状も重症化していきます。がんの主な症状は、体重減少、食欲不振、リンパ節の腫れ、運動を嫌がる、貧血状態、持続的微熱、元気の低下などがあります。しかし体重減少、食欲不振、黒色便、元気の低下は他の病気でも見られるため、がんになってしまったとはすぐ言い切れないこともあります。また消化器官の腫瘍の症状で一番多く見られるのが嘔吐です。犬が削痩(さくそう。極度にやせること。)することは少ないですが、猫の場合は削痩します。

【原因】消化器官の腫瘍の原因

老化によって異常分裂をする細胞の数が徐々に増えると、あるときを境に免疫力を上回ってしまいます。そうなると異常細胞の数がだんだんと増え、最終的にはガン化します。実際に消化器官の腫瘍のなりやすい年齢は10歳前後と高齢です。また放射線、紫外線など目に見えないものが細胞内のDNAを直接傷つけることもあります。紫外線は細胞内のDNAに当たると、ミクロな傷を作ります。この傷ついたDNAが分裂することで、正常ではない細胞が徐々に増えます。

【治療】消化器官の腫瘍の治療

外科手術による胃切除術が、がん細胞を除去してしまう方法です。腫瘍が大きく、また限局的に存在しているときに効果を発揮します。短期間で大幅に腫瘍を取り除くことができ、副作用が少ない反面、外見や運動機能を損なってしまうこともあります。またがん細胞を殺す抗がん剤投与をおこないます。化学療法によって腫瘍を取り除くことは低確率ですが、がん細胞の分裂や、増殖を抑制することができます。

【予防】消化器官の腫瘍の予防

腫瘍を作らないためにも免疫が必要です。免疫を高めるためには、がん細胞へのブドウ糖の供給を避けるために糖質を制限する。良い免疫を宿すための体力をつけるためにたんぱく質をしっかり与える。免疫改善を期待して、がんの改善に実績があるサプリメントを与えることで、がんに対する免疫が高まります。今では悪性腫瘍でも早期発見・早期治療を行えば高い確率で延命が可能なので、定期的に検査を行うことが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる