食欲旺盛なのに太らない???膵外分泌不全症とは!?

膵外分泌不全症(すいがいぶんぴふぜんしょう)とは、膵臓に萎縮や慢性肝炎などの障害が起こって、消化を行うための必要な十分な酵素が分泌されなくなる病気です。内分泌と外分泌とに分かれた膵臓の機能の内、外分泌機能が損なわれた状態になります。膵臓の内分泌機能は、ランゲルハンス島が中心となってホルモン(インスリンやグルカゴン)の生成に関わっています。対する外分泌機能は、消化酵素(膵液)の生成に関わっています。また、比較的頻度の高い疾患ですが、臨床症状が特異的ではないことや、血液検査での膵酵素活性値の測定の信頼度が低いこともあり、見過ごされることがあります。

【症状】膵外分泌不全の症状

膵外分泌不全症に陥り、消化不良を起こした犬は食欲が旺盛になり、食べているのに太らず痩せていて、食べた分の大量の便が出ます。便は白っぽくて脂を多く含んでいる(脂肪便)ため、脂を腐らせたような悪臭がします。下痢に似た症状が出ることもあり、未消化物が混じっていることで、稀に出てきた糞を食べてしまうことがあります。また、おなかがよく鳴ったりおならの回数が多くなります。

【原因】膵外分泌不全の原因

慢性膵炎の末期症状や膵臓の線房細胞の萎縮など、膵臓の機能不全が原因で消化酵素が十分に生成されなくなることが原因です。若い犬の場合、外分泌腺の萎縮が原因として多く見られます。しかし、なぜ萎縮するかに関してはよくわかっていません。老犬の場合、肝臓に発生した炎症がなかなか治らず慢性化したときに発症します。また大型犬、特に『ジャーマンシェパード』に多いと言われているため、遺伝が原因である場合もあります。

【治療】膵外分泌不全の治療

一度発症してしまうと膵臓の機能の回復が難しいため、生涯治療を行うことになります。本来膵臓が作るはずの消化酵素を食事に混ぜて補っていきます。また、低脂肪の消化されやすい食事変更する必要があります。消化酵素だけをあげればいいわけではないので、平行して胃酸の分泌の抑制をしていかなければいけません。

【予防】膵外分泌不全の予防

まず膵炎にならないような体つくりをしていくことが重要です。体重が増加しやすいように、1回の食事量を減らして回数を増やし消化しやすくするのも有効です。必要に応じてビタミンB12や抗生物質の投与も行います。また、大型犬の飼い主はこの病気が先天性である可能性があることも認識して、膵外分泌不全症に注意していきましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる