犬の散歩中は注意が必要!急性胃炎を引き起こす犬の行動は?

急性胃炎とは胃の粘膜が何らかの原因で炎症を起こし、吐き気などが引き起こされる病気です。犬の場合、人間では考えられない原因でも引き起こすことがあります。人間では腹痛や下痢といった症状が多いですが、犬の場合は強い吐き気を引き起こすことが多いです。

【症状】急性胃炎の症状

急性胃炎は一週間以内に治まり、一週間以上続くものは慢性胃炎といいます。急性胃炎の症状はよだれを頻繁に垂らすことがあり、突然の嘔吐や激しい吐き気が見られます。犬の急性胃炎は胃に激痛が起こるため、腹部を激しく伸縮させながら嘔吐します。また激しい吐き気のため、脱水症状を引き起こすことがあります。また胃の粘膜が炎症を起こしていて出血している場合には血液が混じった胃液を吐き出すこともあります。

【原因】急性胃炎の原因

急性胃炎は様々な原因があります。散歩中に腐った食べ物や飲み物を飲む。ごみや危険な毒物を摂取する。有毒な植物や木を食べてしまうといったことが、胃の粘膜に炎症を起こす原因となります。薬が原因の場合、処方された薬が強すぎる場合や、体に合わなかった場合にも同じように胃炎を起こすことがあります。また、寄生虫感染により、胃炎を発症してしまう場合があります。特に多いのが回虫やフィサロプテラと言われる虫によるものです。感染症が原因の場合、ウイルスや細菌の感染が胃炎を引き起こすことがあります。犬ジステンバーやパルボウィルス感染症が多いです。

【治療】急性胃炎の治療

急性胃炎の基本的な治療は、絶食・絶水です。24時間を目安に、口への物の摂取を絶つことで、症状が良くなっていきます。嘔吐により著しく体液が減り、脱水症状などになった場合は、絶水・絶食ができないため、輸液や点滴を行うことがあります。誤飲誤食が原因の場合は早急に異物を取り除くことをします。固形物の場合、嘔吐促進剤を使用したり、手術用の小さなマジックアームを用いたりして胃の中のものを取り出します。液体の場合には胃の中の洗浄を行ったり、吸着剤を投与したりして、胃の中をきれいにしていきます。

【予防】急性胃炎の予防

散歩中や家庭内で、犬が拾い食いをしないように注意する必要があります。散歩中は道に何が落ちているかわかりません。犬は落ちているものの臭いをよく嗅ぐことがありますが、そのような場合でも異物を食べてしまうかも知れませんので、飼い主は注意をして散歩しましょう。また子犬の場合、嘔吐の症状が見られたらすぐ病院にいって見てもらいましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる