発症すると腸が捻じれてしまう病気!腸捻転の治療法とは!?

腸捻転(ちょうねんてん)とは腸内に何らかの異変が起こり、腸が捻転(捻じれて)してしまう症状です。腸捻転が起こると本来排出されるはずのガスが排出できなくなり、血管圧迫を引き起こします。その結果、体内でいくつもの細胞が死滅していき、その後心臓へ送る血液が減少し、心肺停止に陥る可能性があります。

【症状】腸捻転の症状

腸捻転の症状は、お腹が膨れる、水を頻繁に飲む、食欲不振、多量のよだれ、吐きたいのに吐けない、落ち着きがなくなる、腹部をなめる等です。急速に症状が進行する為、症状が現れて数時間後に死亡したというケースも報告されています。

【原因】腸捻転の主な原因

腸捻転の原因は様々あります。その中でも多くの原因は腸の内容物が発酵することです。腸内の内容物が発酵することで、腸内にガスが発生します。その発生したガスが腸をパンパンにするほど腸内を拡張させます。その結果、腸が捻転します。捻転した腸は、周辺の臓器を圧迫させる為、圧迫された臓器は壊死してしまいます。また、腸と共に脾臓や血管なども捻転することがあり、そうすると、全身に血液が循環しなくなってしまいます。最悪の場合死に至ることもあります。

先天性(元々腸の固定位置があっていない、ずれている)なものと加齢とともに腸が長くたるんでしまうことも原因にあります。その他食後の急激な運動も腸捻転の原因の一つです。

大型犬に多く発症する傾向がありますが、遺伝性や体質差も関係していると言われています。犬種としてはグレートデンやジャーマン・シェパード、セントバーナード、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、コリー犬等に好発しやすいと言われています。特に胴体が長く、胸が深いハウンド犬種が好発犬種と報告されています。

【治療】腸捻転の主な治療

腸捻転の治療法は、主に血管を確保し、点滴などでショック症状の改善や全身状態の安定化を行います。胃にチューブを挿入してガスを排出させる処置が一般的です。

また重症の場合は、開腹手術が必要です。腸のねじれを早期に戻してあげないと、腸自体が壊死してしまうこともあります。その為、手術によって腸を戻し、腸間膜を縫合して治療することが必要です。

【予防】腸捻転の予防法

予防法は、胃拡張を防ぐために早食いをさせないようにし、食後すぐの運動はさせないようにするため、食後2時間程度は安静にすることが必要です。腸捻転は発見が遅れると治療がむずかしく、命に関わる大きな病気です。普段から愛犬の様子をよく観察し、早期発見、早期治療を心がけることが大切です。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる