歯周病のひとつ「歯肉炎」ってどういう症状??

歯肉炎は、犬の歯周病のひとつです。歯肉炎を放置しておくと、歯と歯茎の間にすき間ができて抜けてしまう歯周炎へと進行します。犬の歯周病は人間と比べて進行が早く、飼い主が気が付いた時には完治が難しい状態になっている場合もあります。まだ治療で改善が期待できる歯肉炎の段階で気づいてあげたいものです。

 

【症状】腫れのほかによだれや口臭

健康な状態の歯肉はピンク色ですが、歯肉炎にかかると赤く腫れあがり、よだれや口臭がいつもよりひどくなります。硬いものを食べて痛がったり、歯の付近を触ると嫌がったり、出血が見られることもあります。これを放置しておくと、歯がグラグラする歯根炎や膿が出る歯槽膿漏などの歯の病気以外に、体内に菌が入り込んで心臓など内臓の病気の原因にもなります。

 

【原因】歯垢から菌が発生する

歯磨きを怠るなどして歯垢の除去が十分にされないと、口の中が不衛生になり細菌が発生します。その細菌が歯肉に炎症を引き起こして歯肉炎となるのです。もともとのかみ合わせ悪さや、全身性代謝障害も歯肉炎の原因になるといわれています。また、かかりやすい品種は特になく、すべての犬種がかかる可能性のある病気です。

 

【治療】歯垢・歯石の除去

症状がまだ初期段階であれば、歯磨きやデンタルガムなどで歯垢や歯石の除去を行い、口腔内を清潔にして改善をはかります。菌の増殖がひどい場合には、消炎剤や抗生剤を服用することもあります。歯周炎まで進行してしまうと治療がやっかいになりますので、歯肉炎の段階で早期治療を始めるのが望ましいです。

 

【予防】日頃からデンタルケアの習慣を

口の中を清潔に保ち、細菌の原因となる歯垢を溜めないことが予防になります。日常的に歯磨きを行い、歯磨き効果のあるおやつを選んだり、歯垢が付着しやすい柔らかいフードを避けるなど、日頃からデンタルケアに気を付けてあげると健康な歯を守ることができます。また、機会を見て動物病院で歯石の除去をお願いしてみるのもいいでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる