ペルシャの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ペルシャの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

ペルシャは、純血種の猫の中では最も古い品種の一つとされており、はっきりとした起源は分かっていません。
象形文字で書かれた古代の文書にさえ、ペルシャを想像させる長毛猫の記述があるくらいです。

 

16世紀頃、トルコ経由でイタリアへ入った長毛の猫があり、これがペルシャまたはターキッシュアンゴラであると考えられてきたそうです。
しかし最近の遺伝子解析研究により、猫種としてのペルシャは西ヨーロッパで成立した可能性があることが指摘されて

 

1871年にロンドンで開かれたキャットショーに初登場してから品種改良が重ねられ、現在では「猫の王様」という異名をもつほどの人気を博しています。
欧米の一部では、鼻の短いエクストリームタイプがキャットショーなどで好まれていますが、家庭では健康上の問題がより少ないトラディショナルのペルシャに人気があるようです。

 

ペルシャは他の様々な猫種の基礎となり、あるいは近親交配による弊害を避けるための異種交配の相手としても使われてきました。
。ペルシャが基礎となった猫種としては、シャムとペルシャの交配で生まれたヒマラヤンや、ブリティッシュショートヘアとの交配で生まれたエキゾチックショートヘア、特定の顔立ちと毛色の傾向を選択交配したチンチラなどが知られています。

 

特徴

ふわふわした豊かな長毛に全身を覆われ、足は短いです。
金銅色の目は大きく丸く、鼻は低く、耳のあいだが離れているのも特徴です。

筋肉もしっかりついている中型コビータイプの代表的な猫でもあります。
被毛はベース色のホワイトに、顔や足、しっぽにブラックが入っているのが有名です。
他の色にはシール・ブルー・ライラック・チョコレート・クリームがあります。

標準的な体重は3.0~5.5kgとされています。

 

性格

ペルシャ猫は穏やかで温和な性格をしています。
愛情深いので飼い主や、その家族とも良好な関係を築くことができます。

のんびりマイペースなので、飼い主もあまりかまい過ぎないように気をつけた方がよさそうです!
あまりかまいすぎると猫にとってストレスになる可能性もあります。

比較的、鳴き声は小さく、わがままをいうことも少ないです。

 

飼い方

ペルシャは長毛種の中でも、特に被毛の厚い猫となっています。
ダブルコートの被毛はトップコートもアンダーコートも細く、みっしり生えていますので出来るだけ毎日ブラッシングすることをおすすめします。

放置することで毛玉だらけになり、通気性が落ちることによって皮膚炎の原因になります。
また、太りやすい傾向がありますので、食事で体重管理しましょう。

かかりやすい病気

ペルシャは平均寿命が15~20年と、かなり長生きする猫ですが、遺伝子疾患も多いとされています。

 

のう胞腎(PKD)

多発性嚢胞腎は人間でも発症例が見られ、難病指定されている病気で猫の場合、1000匹中1匹の割合で発症するといわれています。
発症してしまえば徐々に腎機能が低下、最終的には腎不全に似た症状を引き起こします。

 

腎臓の組織が徐々に破壊され、機能が低下していく病気として慢性腎臓病がありますが、多発性嚢胞腎もそれとよく似た症状が見られます。
“食欲不振”・“多飲多尿”・“体重減少”などが主な症状で嘔吐することもあります。
進行が緩やかなため、気がつかないことも多いといわれます。
多飲多尿などの症状が見られたら、多発性嚢胞腎以外にも腎臓に何らかの異常が起きているかもしれないので直ぐに獣医師の診断を受けて下さい。

 

原因のほとんどが遺伝性のもので、親猫のどちらかが多発性嚢胞腎である場合は、50~100%の確率で子猫もこの病気を発症してしまうと言われています。

多発性嚢胞腎と診断されたら、健康な腎臓機能をできる限り維持し、症状を和らげるための対処治療が行われることになります。
ただし、早い段階で発見することができれば、経過観察を行いながら、より効果的な対処療法を行うことができます。

 

流涙症

涙を排出する涙管が詰まることが原因で、涙が多く出たり、湿疹などが起こってしまう病気です。
涙が原因で、目の周りの毛が変色した状態を涙やけと言います。

命にかかわる病気ではありませんが、まぶたが炎症を起こしたり、感染が原因で皮膚病を発症したりすることもあります。
悪化させると長引いてしまいますので、早急な治療が必要です。

 

流涙症の原因はいくつかありますが、まず角膜炎や結膜炎をはじめとした目の病気が考えられます。
ほかに目に異物が入ったり、排気ガスや煙などの刺激物が角膜や結膜に刺激を与えたりすることで涙の分泌量が増える場合もあります。
原因によって、目と鼻をつないでいる器官である鼻涙管が詰まったり狭くなったりすることも考えられます。

涙と一緒に目やにが出る場合も多く、それが原因で目頭から鼻筋が汚れてしまい皮膚が赤く腫れてしまうことがあります。
目やにが多いようなら点目薬などを処方してもらい治療します。

 

白内障

白内障は眼球内にある水晶体と呼ばれる器官が、何らかの原因で白く濁ってしまう病気です。
水晶体は正常な状態では透明で、カメラのレンズと同じ役目をしていますが、白内障にかかり白濁してしまうと視力が落ちたり視界が白く濁ってしまいます。

 

症状は白内障が進行するにつれ、瞳孔の奥が白く変色していき、視覚障害が現れます。
片目だけに発症した場合には、視覚はもう片方の目で補えるため日常生活で不自由しないため発見がおくれます。
両目の場合は視界がボヤけ、柱や壁、物にたびたびぶつかる、段差につまずくなどの行動異常が起こります。

ただし、猫は非常に聴力が良い動物なのでほとんど視力が無くなっても、自宅であればものにぶつからずに歩くことができます。
それゆえに、発見が遅れてしまうこともあります。

 

原因は人や犬に比べると、猫の白内障は発症することはごくまれです。
遺伝性のものはほとんどなく、大部分が何らかの外傷や眼内の炎症などにより後天的に発症します。

初期段階では、進行を遅らせたり症状を軽減するための点眼薬や内服薬を処方する内科的治療が中心となります。
外科的治療法では、白濁した水晶体を取り除く手術を行います。
一般的には、角膜を切開し水晶体を摘出する外科手術か、超音波で水晶体の内容物を細かく砕いて吸引する「水晶体乳化吸引術」が行われます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

白内障のお薬⇒

 

脂漏症

脂漏症は【マラセチア皮膚炎】とも呼ばれ、マラセチアという常在菌が活発になることで起きる皮膚炎です。
脂っぽくなったり、ベタついたフケが出て痒くなるタイプと、乾燥して皮膚の表面がカサカサになるタイプがあります。
脂漏症の場合はシャンプーも専用のものがあるので、変えてあげる必要があります。
シャンプー以外に食事が原因で発症する場合もあるのでドッグフードの見直しもする場合があります。

 

脂漏症の治療には現在下記のようなシャンプーも使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、シャンプーに関しては通販などでも購入することができます。
痒そうにしていたら自宅でも直ぐにシャンプーしてあげれるので人気です。

マラセチア皮膚炎治療のシャンプー⇒

 

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなり体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。
体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。
肥大型心筋症は猫の心筋症のうち、約2/3を占めると言われています。

 

発症年齢は年齢は6カ月から16歳とされていて、どの猫ちゃんにも起こる可能性があります。

症状は初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。
逆に言うと、飼い主さんからみて症状が目に見える状態になっていると、病気はかなり進行していると言えます。
少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難、歩き方がおかしくなり、立てなくなる(この時、すごく痛がる)、があります。
また、体が血圧を上げようとした結果、肺の動脈で血液が渋滞し、肺水腫になったり、胸水が溜まることもあります。

 

心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。
そのため病気が進行しないよう、心臓が長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。

定期的な検査を行って、心臓の状態をチェックしていきましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる