ソマリの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ソマリの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

ソマリはアビシニアンの長毛種版ですが、このブリードが確立するのには少し時間がかかったようです。
アビシニアンは非常に古くからいる猫種であり、19世紀の後半から純血種として繁殖がスタートしました。
すらりとした美しい姿で愛好家を魅了し、20世紀の初めには世界中の猫血統管理団体に登録されていました。

 

しかし戦争により世界中で純血種の猫が激減してしまいました。
大戦後は猫種の存続・復活のために様々な異種交配が行われ、その中にアビシニアンも例外ではなく、その結果、アビシニアンの長毛種が生まれたと考えられたため、長毛のアビシニアンが生まれることは純血の育成に反するとして、当時は否定的に捉える繁殖家も多かったといいます。

 

アビシニアンのブリーダーは、長毛の猫はショーには出せないと、ペットとして一般の飼い主に譲ることが多くありました。しかし、ここで転機が訪れます。
1963年、カナダのキャットショーで、繁殖者メアリー・メリングはちょっとしたいたずら心で長毛のアビシニアンを審査用のケージに入れ、ほかのアビシニアンのケージと混ぜておきました。
審査のためケージから猫を取り出したショーの審判員ケン・マッギルは大変驚きましたが、それと同時にあまりの美しさに感嘆の声をあげたそうです。
マッギルはメリングに長毛のアビシニアンをオーダーし、ここからソマリの育種が始まったといわれています。

 

同じ頃、アメリカでは繁殖家のイブリン・メイグという繁殖家が、長毛の遺伝子を持つ2匹のアビシニアンを交配していました。
イブリンは、生まれた仔猫を友人を通してペットとして一般の飼育者に譲渡しました。
しかし、譲られた相手は猫アレルギーのために飼い続けることができなくなり、猫を保護施設に譲り渡してしまったようです。

 

イブリンは繁殖をしながら、キャット・プレイスメントという猫の引き取り手を探す動物愛護団体で働いていました。
そして持ち込まれた美しい長毛のアビシニアンを見て驚きました。
その猫はイブリンが繁殖し譲った仔猫だったからです。

 

仔猫を手元に引き取ったイブリンは、長毛のアビシニアンの品種改良と公認を決意し、育種を始めるのがきっかけになったようです。
その甲斐あってソマリは現在、カナダ、アメリカ以外にも世界中の団体で猫種として登録され、世界中で愛されています。

特徴

ソマリはアビシニアン同様、筋肉質なフォーリンタイプの猫です。
目の色もアビシニアン同様、グリーンまたは琥珀色、ゴールドです。
アビシニアンと違うのは、華やかな被毛で尻尾は長く体の被毛よりも長めの毛で覆われてふさふさしています。
“キツネのような猫”と呼ばれることもあるとか。

 

標準的な体重は3kg~5kgとされています。
鳴き声は鈴を転がしたような音色といわれる美しい声です。

毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンとなりアビシニアン同様、ティックドタビーです。

性格

ソマリはとても賢い猫種なので、猫とは思えない程従順な性格をしています。
コミュニケーション能力が高いので、飼い主が嫌がることや困ることもしない傾向にあるといわれています。

 

好奇心が旺盛で、何事にも物怖じしない性格も特徴のひとつです。
遊び好きな一面ももちあわせているので、おもちゃ等で遊んであげるといいでしょう。

飼い方

ソマリは運動量が多く、遊びが大好きです。
運動が不足するといたずらをすることもありますので注意が必要です。

 

アビシニアンとソマリは水を怖がらない猫が多く、風呂掃除やトイレ掃除の邪魔をしに来ることがあります。
仔猫時代は、危険防止のため浴槽の水量の管理には十分に気を付けなければなりません。

 

他の猫や犬などのペット、人間の子供とも仲良くできるのもソマリの魅力ですね。
優しく繊細な面があり、神経質な点は人間や他のペットではなくソマリ自身に向かうため、ストレスを抱えると病気の原因になってしまうことがあります。

ソマリは長毛ではありますが、短めですので手入れは大変ではありません。
定期的に週2回以上のブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

 

そして長毛ではありますはソマリは寒さが苦手です。

冬場は温かい環境を作ってあげ、風邪などを引かない様にしてあげましょう。

 

かかりやすい病気

遺伝疾患はアビシニアン同様で、重症筋無力症は発症数は少ないものの猫ではアビシニアンとソマリが最も起こりやすいとされています。

重症筋無力症

猫の重症筋無力症とは、神経から筋肉に対する指令がうまく伝わらず、筋肉の疲労や脱力がおこる状態のことです。
神経から筋肉に“動かしたい”と指令がうまく伝わらくなり筋肉の疲労や脱力が生じる病気です。
休憩をすれば回復するものの、また運動をするとすぐに疲れてしまいます。
歩く場合は歩幅が減少したり、次第に歩くのも困難になります。
また食べた直後に吐き出す吐出やよだれを流す、嚥下困難や眼瞼下垂、虚脱状態などの症状が表れ、巨大食道症を引き起こす場合もあります。

 

原因は遺伝の要因が大きいとされます。
先天的に発症した場合は、アセチルコリンレセプターの欠損、後天的に発症した場合は、免疫系統によるレセプターの破壊が原因です。
後者の場合は本来なら体内に入ってきた異物を攻撃するはずの免疫システムが、なぜか自分の筋肉を攻撃することで発症します。

 

血液検査によるアセチルコリンレセプターの抗体検出や、テンシロン試験による症状の変化などで診断され抗コリエンステラーゼ薬を投与します。
症状に応じて免疫抑制剤を投与する場合もあります。
また巨大食道症を引き起こしている場合には、誤嚥性肺炎などを引き起こさないように、食餌の与え方に注意が必要になります。

 

ピルビン酸キナーゼ欠損症

遺伝病でエネルギーを作り出すのに必要なピルビン酸キナーゼ(PK)と呼ばれる酵素が血液の赤血球に存在していないため、赤血球の寿命が短くなって貧血に陥ってしまう病気。
症状は貧血、運動不耐性などで、発症年齢も6ヶ月から5歳ごろと幅が広いのも特徴です。
また、環境やストレスが発症にかかわるとも言われています。

 

ピルビン酸キナーゼ欠損症は予防することはできません。
症状は軽度のものから重度のものまでありますが、環境の変化やストレスが大きく影響を与えるので、予防できる病気は予防し、健康管理はしっかり行うことが重要になります。

治療は基本的には内科療法で、重症化した場合は入院が必要になることもあります。

 

尿路結石症

腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができる病気です。
結石が膀胱の粘膜を傷つけて膀胱炎となることもあります。

 

症状は“トイレに行く回数が増えた”・“頻繁にトイレへ行くのに少ししか出ない”・“おしっこの時に痛そうに鳴く”・“おしっこに血が混じる”などです。
これらの症状は膀胱炎にも似ているため注意が必要です。
中にはトイレの壁等についたおしっこが蒸発し、残った結晶がきらきらと反射して見えることもあります。
結石の大きさは砂粒ほどの小さなものから数センチのものまでさまざまです。

 

猫の尿路結石症には、尿がアルカリ性に傾くことでできる“ストラバイト結石”と、酸性に傾くとできる“シュウ酸カルシウム結石”があります。
これらは食事の偏りが原因で起きるといわれています。
猫がもともとあまり水を飲まずに濃度の濃いおしっこをすることも原因のひとつに挙げられます。

猫でよくみられるのは“ストラバイト”と“シュウ酸カルシウム”の結石です。
これらは尿検査やレントゲン検査、超音波検査で診断出来ることもあります。
ストラバイトは療法食で溶かす事が可能ですが、結石の大きさや個数によっては外科的手術が選択されることもあります。
シュウ酸カルシウムは療法食で溶かす事ができないため、外科的手術が第一選択となります。

 

慢性肝不全

腎臓の機能が徐々に低下し、機能不全に陥った状態のことです。
中年齢から高年齢の猫に多い病気で、多飲多尿で、初期の段階ではこれ以外に目立った症状はありません。
水をたくさん飲んでも多尿によって失った水分を補うことができず、脱水を引き起こしてしまいます。
これにより、食欲や元気が低下し、毛づやもなくなっり、下痢や嘔吐、便秘も見られるようになり体重も減少していきます。

 

慢性腎不全は、猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)といった種々のウイルス感染や細菌感染などがきっかけとなります。
しかし、多くの場合、はっきりとした原因を特定することは困難のようです。

 

慢性腎不全は、急性腎不全と違い徐々に進行していく病気で、一度発症すれば治ることはありません。
治療は、その進行をできるだけ抑え、症状を緩和することが目的となり、おもに内科的治療と食事療法が行われます。

 

は、ほかの病気から引き起こされることがあるため、定期的なワクチン接種や室内飼育の徹底などで予防することが大切になります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる