ロシアンブルーの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ロシアンブルーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

ロシアンブルーはロシア原産の自然発生種であるともいわれていますが、諸説ありはっきりしたことは分かっていないそうです。
18世紀頃には北欧やイギリスで人気を博したものの、第二次世界大戦で大幅に個体数が減り絶滅の危機に陥りました。

 

この状況に危機感を覚えたアメリカやイギリスのブリーダーによる繁殖計画により次第に個体数も回復、本来のロシアンブルーの姿を取り戻すことになりました。
アメリカやイギリスのブリーダーによる懸命な交配によって、第二次世界大戦による絶滅の危機を回避したという歴史があります。

 

ロシアの地名が含まれる「アルハンゲルキャット」や「アークエンジェルキャット(アルハンゲルの英語名)」、ロシア外で付けられた「スパニッシュキャット」「フォーリンブルー」「マルティーズキャット」などと呼ばれることもあったようです。

特徴

ロシアンブルーはくさび型の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目も特徴です。
口元が微笑んでいるように見えることからロシアンスマイルと呼ばれることもあります。
頭を持ち上げたような首の姿勢はコブラヘッドともいわれます。

 

被毛は短毛のダブルコートで、細く滑らかな毛に覆われています。
細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。

 

平均体重は3~5kgほどです。
ロシアンブルーはブルー(灰色)の単色のみです。

性格

ロシアンブルーは、飼い主に忠実で犬のような性格と評されることも多い猫種です。
しかしプライドも高く気まぐれで、自分が親しんだ相手が他の猫と仲良くすると猛烈に嫉妬するなど、猫らしい性格も持ち合わせています。

 

気難しい面もあるのでベタベタしすぎても優しさが足りなくても良い関係を結べません。
誰にでも懐いていくことはあまりなく、家族の中でも好む相手を選びます。

 

ロシアンブルーは別名「ボイスレスキャット」と呼ばれるほどおとなしい猫でもあります。
慣れてくれると愛情深く接してくれることから、「ツンデレな猫」ともいわれています。

飼い方

ロシアンブルーは若猫の頃の運動量は多く活発で、人間に遊びを要求することもしばしばです。
しっかりとした体と信頼関係を作るために、積極的に遊んであげることが大切です。
高いところも好きなのでキャットタワーも用意してあげるのがよいでしょう。

 

ストレスが溜まると凶暴化することがあります。
繊細な心の持ち主で静かで落ち着いた場所を好む猫種なので、ロシアンブルーの気持ちを汲み取った環境で飼育してあげることが大切になります。
大きな声で叱ったり体罰を与えるようなことはしてはいけません!

 

ロシアンブルーは短毛ですがダブルコートですので、抜け毛はかなりあります。
寒さには比較的強く、暑さには弱いです。
夏場はエアコンなどを付けて28度ほどに設定するなどしましょう。

かかりやすい病気

ロシアンブルーは純血猫種としては遺伝性疾患が非常に少ない猫として知られています。
一日でも長く一緒に暮らしていくためには、他の猫種と同じように、中年齢以上になったらこまめに健康診断を受けましょう。

 

尿路結石症

腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができる病気です。
結石が膀胱の粘膜を傷つけて膀胱炎となることもあります。

 

症状は“トイレに行く回数が増えた”・“頻繁にトイレへ行くのに少ししか出ない”・“おしっこの時に痛そうに鳴く”・“おしっこに血が混じる”などです。
これらの症状は膀胱炎にも似ているため注意が必要です。
中にはトイレの壁等についたおしっこが蒸発し、残った結晶がきらきらと反射して見えることもあります。
結石の大きさは砂粒ほどの小さなものから数センチのものまでさまざまです。

 

猫の尿路結石症には、尿がアルカリ性に傾くことでできる“ストラバイト結石”と、酸性に傾くとできる“シュウ酸カルシウム結石”があります。
これらは食事の偏りが原因で起きるといわれています。
猫がもともとあまり水を飲まずに濃度の濃いおしっこをすることも原因のひとつに挙げられます。

 

猫でよくみられるのは“ストラバイト”と“シュウ酸カルシウム”の結石です。
これらは尿検査やレントゲン検査、超音波検査で診断出来ることもあります。
ストラバイトは療法食で溶かす事が可能ですが、結石の大きさや個数によっては外科的手術が選択されることもあります。
シュウ酸カルシウムは療法食で溶かす事ができないため、外科的手術が第一選択となります。

 

糖尿病

猫は糖尿病になりやすい動物と言われています。
糖尿病になると様々な症状が出ます。まず、「多飲多尿」と言って健康な時よりも飲水量が増え、トイレに行く回数や量が増えます。
血中に溜まった糖が尿として排出される事で水分が多く失われるので、喉が渇きます。

 

また、糖が吸収されなくなるのでご飯を食べても体重が減ってしまうという症状も代表的なものです。
日頃から定期的に愛猫の体重チェックを行うようにすれば気付くのも早くなりますね。
短期間で10%以上体重が減っている場合には注意が必要になります。
元気がなくなったり運動量が減ったり、嘔吐する事もあります。

 

治療は主にインスリン注射や食事療法を並行して行ないますが、猫の症状や体質によって治療法は異なります。

また年齢では6歳以上、オス猫の方がメス猫よりも発症しやすいようです。
肥満傾向の猫もかかりやすいですので、愛猫の体重管理には充分気をつけていきましょう!

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる