ラパーマの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ラパーマの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

ラパーマは1982年、アメリカのオレゴン州から始まったそうです。
ちなみに、突然変異により生まれた新しい品種の猫でした。

 

農園を営んでいたリチャードリンダ・コール夫妻が害獣駆除の為に飼っていた、短毛でブラウン・タビーの“スピーディ”が仔猫を生みました。
すると、その仔猫のうち1匹が他の子たちとは全く違い、ほぼ無毛だったのです。
夫婦はその仔猫の健康状態などを心配しましたが、やがて柔らかい体毛が生え、健康に育っていきました。
その仔猫の名前は巻き毛だった為、“カーリー”と名付けられました。

 

やがてカーリーは子供を生みましたが、すべての仔猫がカーリーと同じように無毛に近い状態で生まれたようです。
こうして巻き毛の猫はコール夫婦の家の中にどんどん増え続けました。

 

巻き毛の猫たちはやがて評判となり、近隣のブリーダーなどからも関心を持たれました。
コール家に協力し、自らも育種に乗り出したブリーダーたちは、カーリーの血を引く猫たちを洗練しようと、他の純血猫を交配させることにしました。
オシキャットやバーミーズ、シャム(サイアミーズ)などです。

 

1997年にはラパーマの愛好家団体が設立され、2003年にはTICA、2008年にはCFAとアメリカの二大登録団体に新種として登録されることになったのです。

 

特徴

ラパーマの特徴は巻き毛です。
カールはあごの下と耳の付け根に最も強く現れるようです。

被毛は、ロングとショートの両方が存在します。

デボンレックスやコーニッシュレックスが劣性遺伝であるのに対し、ラパーマの巻き毛は優性遺伝であることが分かっています。
生涯のある時期、無毛になりますが、その多くは生まれたばかりの時期です。

 

中型で筋肉が非常に発達しており、四肢のしっかりしたセミフォーリンタイプです。
大きめでカップ型の耳と、つりあがったアーモンド形の目をしています。

標準的な体重は2.5~4.5kg程度。

チョコレート、シルバー、ライラック、タビー、シールポイント他あらゆる毛色があります。

 

性格

ラパーマの性格は、とても優しくて愛情深く、人間が大好きな甘えん坊です。
飼い主さんに依存するタイプではありませんが、常に周りにいることが多いようです。

 

ラパーマは遊び好きなので子供や他の猫、猫好きな犬と仲良くやっていけます。
ただ、子供には抱っこしたり持ち運んだりするよりも、床に座らせて撫でることを教えた方が良いでしょう。

飼い方

遊ぶのがとっても好きで活発なのでキャットタワーなどの設置をして、たくさん遊べる巣ケースを確保してあげるのが良いでしょう。
運動量が少ないと肥満になりやすくなったり、ストレスも溜まってしまいます。
人間のひざの上でリラックスすることも好きですが、あくまでもラパーマが遊びに飽きてからのことです。

 

ラパーマは賢いので留守番もできますが、あまり退屈するといたずらをしてしまうかも知れません。

 

ラパームのお手入れは、難しくはありません。
巻き毛は強いブラッシングやコーミングで伸びて巻きがゆるくなってしまいます。

長時間手入れをするよりも、短時間の手入れを週に数回行う方がよいです。

 

かかりやすい病気

長毛猫におこりやすい疾患として毛球症がありますが、ラパーマは毛がカールしているため中毛でもかかりやすくなります。

ラパーマは成猫になってから毛が薄くなるという場合があるようなので発毛や脱毛はホルモンの影響が強く、去勢やホルモン剤の投薬で改善する場合もあります。

ひどく気になる場合は動物病院で相談しましょう。

毛球症(ヘアボール)

猫の毛球症とは、毛づくろいの際に飲み込んだ自分の体毛が消化器官内にとどまり、吐くことも排便することもできなくなった状態を言います。

 

症状は“食欲不振”・“吐くそぶり”・“便秘”・“お腹を触られることを嫌がる”などです。
猫が吐き出すものが「ヘアボール」と呼びます。

原因はブラッシング不足や、ストレス、吐き出し不足です。

 

軽度の場合は猫草を食べさせるという方法があります。
猫草とは猫が食べても安全な数少ない植物の一種で、被毛を絡め取って吐き出させやすくしたり、うんちとして肛門から出やすくする効果があると考えられています。
他には外科手術などもあります。

 

予防法としては、日頃からブラッシングを行うようにしましょう。
無駄毛を人為的に取り除いてあげるだけで、猫がグルーミングする時に飲み込む量が少なくなり予防につながります。

 

ピルビン酸キナーゼ欠損症

遺伝病でエネルギーを作り出すのに必要なピルビン酸キナーゼ(PK)と呼ばれる酵素が血液の赤血球に存在していないため、赤血球の寿命が短くなって貧血に陥ってしまう病気。
症状は貧血、運動不耐性などで、発症年齢も6ヶ月から5歳ごろと幅が広いのも特徴です。
また、環境やストレスが発症にかかわるとも言われています。

 

ピルビン酸キナーゼ欠損症は予防することはできません。
症状は軽度のものから重度のものまでありますが、環境の変化やストレスが大きく影響を与えるので、予防できる病気は予防し、健康管理はしっかり行うことが重要になります。

治療は基本的には内科療法で、重症化した場合は入院が必要になることもあります。

外耳炎

猫の外耳炎は耳のトラブルでもよく見られます。
猫の外に出ている耳たぶから鼓膜までの間を外耳と言い、その外耳に炎症ができることを「外耳炎」といいます。

 

耳垢が大量に出る・耳が臭い・耳をしきりに掻く・頭を振る・耳が赤く皮膚が厚くなる・耳道が狭い・鼓膜が破れるなどの症状があれば外耳炎かもしれません。

 

原因は様々で、アトピーや食物アレルギーによる炎症、ホルモンの異常や自己免疫性疾患などが原因で外耳炎として症状が現れます。
その他、生まれつき外耳に毛がふさふさと生えていたり、耳の形から蒸れやすかったりする猫種は、外耳炎になりやすい傾向にあります。
耳の中にミミヒゼンダニが寄生することで炎症が起こります。

 

外耳炎にしない為には、適切な耳掃除を行うことが大切です。
猫の耳はとても繊細な為、間違えたケアをすると逆にそれが外耳炎の原因となってしまうことがあります。
外耳炎は鼓膜付近まで覗かないと確認できませんので、必ず獣医師にみてもらいましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる