マンチカンの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

マンチカンの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

マンチカンは1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたと言われています。
突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまいました。

 

その後も1953年になると、ロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨークで、1970年にはニューイングランドでも短足猫の存在が報告されていました。
各地で報告された短足猫の変異は、1983年にトレーラーの下で暮らしていたブラックベリーと名付けられた猫により、大きな一歩を踏み出すことになりました。
ブラックベリーは子猫を生みましたが、生まれた子猫の半分は短足猫だったようです。
この仔猫のうちトゥールーズと名付けられたオスが繁殖家に引き取られ、短足猫の育種が始まったのです。

 

猫の国際的な血統登録団体であるTICAは、1995年に新しい猫種としてマンチカンを認定することになりました。

特徴

マンチカンの特徴は、ダックスフントのように短い足です。
ただ短足のマンチカンは実は全体の2割程度とも言われています。
ボディは筋肉質で引き締まったセミコビーです。

 

被毛は、短毛と長毛がいます。
マンチカンは作出の歴史において様々な猫と交配されてきたため、容貌や毛色が非常に多彩なのも特徴です。

オーバーコートとアンダーコートで覆われた、ダブルコートです。

 

他の猫種の持つ特徴が発現したマンチカンは公認されず、血統書が発行されることはありません。

 

性格

マンチカンは好奇心旺盛な性格で社交性もあるので、他の猫と仲良くすることもできます。
明るい性格のマンチカンですが、大きな声や物音には敏感で、怖がってしまいます。

飼い方

マンチカンは小さい体ですが、足の長さにかかわらず、意外とパワフルに動きます。
遊ぶためのおもちゃやスペースは十分に用意してあげましょう。
短足タイプで体格の小さいマンチカンの場合は、キャットタワーの高さを低めに調整してあげましょう。

 

マンチカンのお手入れは、短毛なら1日1回のブラッシング、長毛なら朝晩一回ずつのブラッシングとコーミングが理想です。

 

かかりやすい病気

マンチカンは短足でありますが、ダックスフンド犬のように極端に胴長ではないため、脊椎についての問題は少ないとされています。

さまざまな猫種とかけあわせているので、遺伝的にかかりやすい病気は少ないとされています。

 

運動不足による肥満は糖尿病や、マンチカンのように足の短い猫ではヘルニアの原因となることがあります。

ヘルニア

体の中の特定の部位に収まっているべき臓器や組織などが“体腔”の隙間から押し出されてしまった状態をヘルニアと呼びます。
部位によって症状も病名も違います。

 

猫のお腹には“服腔”という大きな空洞があり、腹膜という膜に包まれたたくさんの臓器がそこに収まっています。
しかし腹腔は胸のように肋骨に守られていないので、筋肉や筋膜で背骨から吊り下げられている状態です。
それによって息をしたり、食事をするだけで腹腔には大きな圧力がかかり臓器が外に押し出されてしまいます。

 

内臓が押し出された部位によって病名が変わりますが、横隔膜の隙間からなら【横隔膜ヘルニア】です。
足の付け根の隙間だと【鼠径(そけい)ヘルニア】、髄が圧迫されたなら【椎間板ヘルニア】です。
その他にも【会陰ヘルニア】や【臍ヘルニア(でべそ)】などがあります。

 

慢性腎不全

糖尿病や水腎症などが原因で起こる、腎臓が正しく機能しなくなる病気です。
尿の量が異常に多かったり、または全く出ないなど尿に異常が出ることが多いと言われています。
慢性腎不全は、急性腎不全と違い徐々に進行していく病気で、一度発症すれば治ることはありません。
慢性腎不全の治療は、その進行をできるだけ抑え、症状を緩和することが目的となり、おもに内科的治療と食事療法が行われます。

食事管理などで進行を遅らせることになりますので、気づいた時には早めに動物病院を受診しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる