トイガーの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

トイガーの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

歴史

トイガーは1980年頃から育種が始まった外見を野生のトラに似せて作出された品種です。
そしてトイガーという名前は、Toy(おもちゃ、可愛がる) Tiger(虎)の2つの言葉が合わさった名前です。

 

アメリカのカリフォルニア州でベンガルの繁殖を行っていたブリーダーのジュディ・サジェンさんが2頭の子猫の中にたまたま虎の模様が入っていたことに気づいたのがきっかけだそうです♪
ジュディさんは、野生のトラの保存を呼びかけるため、そして家でも飼える虎(猫)を創りたいと考え、ブリーダー仲間たちと協力して本格的な育種をしたことが誕生の歴史となっています。

 

より虎柄に近づけようと、世界各地から40匹ほどの猫を選別し、それを元にしてトイガーの育種がスタートしたようです。
TICAに新品種の猫として申請を開始し、2006年にトイガーは正式な猫種として認められました。

 

より虎に似た猫となるようブリーダーによる育種が続いていますが、もっと虎らしくなるためには、まだ10年くらいはかかると言われています。

特徴

特徴は名前の由来にもなっている「虎柄」です。
被毛の色のベースはパンプキンのような濃いオレンジ色ブラウン、マホガニーレッド、オレンジ、ゴールド、タンといった様々な色の被毛を持った子もいます。

 

トイガーの元となるベンガルは斑点模様ですが、といがーはマッカレルタビー模様が特徴になります。
しかし、残念ながらこの虎柄を安定して確実に出すことが出来ず、元のベンガルの模様である斑点や、様々なパターンの模様が出てしまうことも多いようです。

 

トイガーは、被毛や模様だけでなく体型も虎にそっくりです。
体型は胴長でがっちりとした骨太の骨格に、適度な脂肪がついたたくましい筋肉です。

しっぽは長くまっすぐで、体重5~10kg程度のセミフォーリンタイプです。

性格

野生の猫の血を引くベンガルを基礎とする新しい品種だけに、まだまだ心身ともに野性味の強い個体が少なくありません。
行動は大変活発で、生活環境には十分なスペースを割いてやる必要となります。
そして体の大きい子も多いのでキャットタワーはしっかりとしたものを用意してあげるようにしましょう。

 

好奇心が強く、洞察力があり、人間とのコミュニケーションがしやすい面では犬のような性質があります。
その半面、警戒心も強いので家族以外には距離を置いて接したり、来訪者の前では隠れたりすることもあるみたいです。

飼い方

明るく、穏やかで、遊び好きで、好奇心旺盛な性格をもっていますし、人間や他の動物とも仲良くできる愛情深い性格ですので、飼いやすいとも言われています。
個体によっては野性味の強い子もいるでしょう。

 

トイガーの飼育環境のポイントは、しっかり運動できる十分なスペースを確保してあげること。
キャットタワーや登り棒、ロープやおもちゃなどを準備して、沢山遊べるようにしてあげましょう。

 

力の強い猫ですので、抵抗されると人間側のケガが大きくなることがあります。
子猫の頃から首輪やリード、輸送用クレートに慣らした方がいいです。

 

かかりやすい病気

起こりやすい病気や遺伝性疾患もベンガルから引き継がれたものがあります。

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)

コロナウイルスが原因で、腹膜炎や腸炎を起こし、一度発病すると死亡率が高い病気です。
感染経路についてははっきりと解明されていませんが、感染猫の排出物や食器、グルーミング、ケンカなどから感染するとも言われているようです。
しかし腸内で変化してコロナウィルスになるので猫同士の接触による感染はないという説もあります。

 

感染すると若い猫では数日~数週間で発病が見られることもありますが、ほとんどの猫は感染しても発症はしないといわれています。
ただ何かの要因で一部の猫だけが発症するようです。

 

症状としては食欲が減ったり、痩せてきたり、発熱といったものが見られます。
腹水や胸水が溜まるウェットタイプと、神経・眼・腎臓・肝臓が冒され、体内に液体が留まらないドライタイプの2つがありますが、ウェットタイプが多いようです。

 

ステロイド剤と抗生物質を用いた治療やで、症状を和らげる対処療法が主体となります。
感染したからといってすぐに発病するわけではありませんが、体が弱っている時や他の病気にかかっている時などは、他の猫と接触しないように注意するといいでしょう。

 

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなり体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。
体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。
肥大型心筋症は猫の心筋症のうち、約2/3を占めると言われています。

発症年齢は年齢は6カ月から16歳とされていて、どの猫ちゃんにも起こる可能性があります。

 

症状は初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。
逆に言うと、飼い主さんからみて症状が目に見える状態になっていると、病気はかなり進行していると言えます。
少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難、歩き方がおかしくなり、立てなくなる(この時、すごく痛がる)、があります。
また、体が血圧を上げようとした結果、肺の動脈で血液が渋滞し、肺水腫になったり、胸水が溜まることもあります。

 

心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。
そのため病気が進行しないよう、心臓が長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。

定期的な検査を行って、心臓の状態をチェックしていきましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる