セルカークレックスの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

セルカークレックスの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

歴史

セルカークレックスという名前はセルカークレックスを誕生させたブリーダーの義父の名前から付けられたそうです。

 

1987年、アメリカのモンタナ州にある動物保護施設に1匹の巻き毛の子猫がいました。
ペストと名付けられ、ペルシャ猫のブリーダーをしていた、ジェリー・ニューマンという女性に引き取られたそうです。
他の巻き毛種のコーンウォールレックスやデボンレックスがこの地域にいなかったことから“突然変異”であると考え、新しい猫種となる可能性から黒いペルシャと交配しました。
そして6頭産まれた子猫のうち3頭が巻き毛であったことにより、毛質は遺伝と確認しました。

 

その後はペストを基礎にして、エキゾチックショートヘアーやブリティッシュ・ショートヘアーなどの他の猫との交配を進めることにより、セルカークレックスという猫種を築き上げました。
今では猫血統登録団体にも認められている、20世紀終盤に新品種となったばかりの猫種です。

特徴

セルカークレックスは体重3〜5kgのがっしりとした猫です。
頭は丸く、短めのマズルをしており、目はペルシャ譲りの離れ目です。

 

被毛は柔らかくカールしていますが、ストレートの子もいます。
直毛で生まれた場合でも血統書上はセルカークレックスですが、別名でセルティックと呼ぶこともあります。

そして、セルカークレックスは短毛、長毛両方います。

性格

セルカークレックスはペルシャとブリテッシュショートヘアの血が入っている為か、穏やかで可愛らしい性格をしています。
膝乗り猫にはならない傾向がありますが、人や他の動物と一緒にいるのが好きなようです。
なので、あまりお留守番は好まない子が多いみたいです。

 

優しくて社交性のある猫種なので、子供や猫が平気な犬と仲良くなれるようです。

飼い方

子猫から若猫の時代は活発な面をかなり強く見せます。
成猫になると落ち着いて太りやすい傾向にあるので、子供の頃から体を動かすことを怠らないようにしましょう。
キャットタワーを設置する時は、足場がしっかりと安定したものを選んでください。

 

セルカークレックスの特徴的な被毛のお手入れには注意が必要です。
週2回以上ブラッシングをし、もつれや抜け毛を取り除くようにしましょう。
ブラッシング後に指で毛をふわふわさせてあげるだけでも、簡単に形が整います。

 

シャンプーはよほど汚れていない限りは必要ありませんが、皮脂が溜まりやすいのでベタベタしていたら洗うと良いでしょう。
お風呂嫌いな子には、ドライシャンプーがおすすめです。

 

 

かかりやすい病気

セルカークレックスは自然発生種が基礎になっているため、基本的には頑健な猫種です。

慢性腎不全

慢性腎不全は腎臓の機能が徐々に低下し、機能不全に陥った状態のことです。
中年齢から高年齢の猫に多い病気です。

 

慢性腎不全のおもな症状は、多飲多尿(水をよく飲むこととおしっこの量が増えること)で、初期の段階ではこれ以外に目立った症状はありません。
しかし、腎臓の機能が次第に低下してくると、多尿にもかかわらず、老廃物や余分な電解質、リンなどのミネラル類を尿中に排泄することができず体内にたまってきます(尿毒症)。
水をたくさん飲んでも多尿によって失った水分を補うことができず、脱水を引き起こしてしまいます。
これにより“食欲不振”・“元気が低下”・“毛づやがなくなる”・“嘔吐”・“下痢”・“便秘”・“体重減少”などがみられます。

 

原因は糖尿病や多発性嚢胞腎などの他の病気により引き起こされることがあります。

 

慢性腎不全は、急性腎不全と違い徐々に進行していく病気で、一度発症すれば治ることはありません。
慢性腎不全の治療は、その進行をできるだけ抑え、症状を緩和することが目的となり、おもに内科的治療と食事療法が行われます。

食事管理などで進行を遅らせることになりますので、気づいた時には早めに動物病院を受診しましょう。

 

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなり体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。
体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。
肥大型心筋症は猫の心筋症のうち、約2/3を占めると言われています。

 

発症年齢は年齢は6カ月から16歳とされていて、どの猫ちゃんにも起こる可能性があります。

症状は初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。
逆に言うと、飼い主さんからみて症状が目に見える状態になっていると、病気はかなり進行していると言えます。
少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難、歩き方がおかしくなり、立てなくなる(この時、すごく痛がる)、があります。
また、体が血圧を上げようとした結果、肺の動脈で血液が渋滞し、肺水腫になったり、胸水が溜まることもあります。

 

心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。
そのため病気が進行しないよう、心臓が長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。

定期的な検査を行って、心臓の状態をチェックしていきましょう。

 

多発性嚢胞腎

腎臓を構成する遺伝子の異常によって腎臓に無数の嚢胞ができていく遺伝性の疾患です。
その遺伝子を持つ猫が成長するに伴い、片側、及び両方の腎臓にできた小さな嚢胞が、ゆっくりと確実に数を増やしながら大きくなっていきます。
結果として腎臓が劇的に大きくなります。
嚢胞の大きさは、1mmに満たないものから1cmより大きいものまで様々です。

原因はあくまでも遺伝性の病気である為、他の病気が原因で発症するものではありません。
多くは、ペルシャ猫やペルシャ猫と血縁関係にある雑種等、長毛種の猫に発生しやすいと言われています。
最近では、長毛種だけではなくスコティッシュホールドやアメリカンショートヘアでも発症が確認されています。

 

症状は腹部のふくらみ、腎炎や腹部臓器圧迫による腹痛、慢性腎不全です。
多発性嚢胞腎には治療法はありません。
治療法としては液体成分の吸引、投薬治療、外科手術、腎不全のコントロールです。

 

延命効果も期待できますので、飲水量やおしっこの量が増えたなどの異変を感じたら、すぐに動物病院で検査してもらってください。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる