スフィンクスの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

スフィンクスの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

歴史

スフィンクスは1966年にカナダで発見された猫種です。
座る姿がスフィンクスに似ていたことから、そのままスフィンクスと名付けられたそうです。

 

短毛のイエネコの両親から産まれた子猫のうち一匹が、無毛のオス猫だったことから始まります。
無毛猫は奇形ではなく、自然発生する突然変異で、劣性遺伝子により発現することがわかっています。
遺伝学に興味があるブリーダーによって「プルーン」と名付けられ繁殖が試されましたが、品種として確立するにはならなかったようです。

 

1970〜80年台にカナダやアメリカの各地でブリーダーが無毛の猫の繁殖に挑戦し、「デボンレックス」との交配を成功させて、現在のスフィンクスの祖先が誕生したそうです。
アメリカで1979年に、イギリスで2006年に認められた猫種です。

特徴

スフィンクスの最大の特徴は、無毛であることです。
無毛といっても実際には産毛が生えており、ボディの先端部分には短い毛が残っています。
地肌はしっとりとして触り心地が良いですが、無毛ゆえに傷がつきやすく、また紫外線に弱いのが難点です。

 

体型はセミフォーリンタイプとよばれ、体重は約3〜5kgで中型猫に分類されます。

丸みのあるくさび形の頭、幅広の大きな耳、レモン形の少しつり上がった目、ムチのように先端に向けて細くなるしっぽも特徴です。
無毛種のスフィンクスは、猫アレルギーをもつ方でも問題なく飼育できます。

性格

スフィンクスの性格は、好奇心が旺盛で遊ぶことが大好きです。
あまり人見知りをせず、子供や他の動物とも仲良くなりやすいと言われます。
しかし肌が弱いので多頭飼いは基本的にお勧めできません。

 

来客の多い家庭でもストレスを過剰に感じることは少なく適応してくれる猫種です。

 

飼い方

スフィンクスは賢くて飼い主さんに従順な猫種なのでしつけやすいといえます。

 

お手入れは、体に産毛しかないためブラッシングは必要ありません。
冬はもちろん寒がりますが、夏の紫外線も大敵です。
ただし、皮脂腺が発達して、いわゆる「脂性」なので、たまに固く絞った蒸しタオルなどで皮膚(特にシワの間)のお手入れをするようにしましょう。

 

室温調節を十分に行い、可能であれば衣類を着せてあげたいものです。
できるだけ毎日、清潔な布で皮膚の表面をふき取って、清潔に保ちましょう。

 

かかりやすい病気

スフィンクスは遺伝的に心臓病の起こりやすい猫でもあります。

 

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなり体に十分な血液を送ることが出来なくなってしまう病気です。
体に十分な血液を送ることが出来なくなるので、体はバランスをとるために心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。
肥大型心筋症は猫の心筋症のうち、約2/3を占めると言われています。

 

発症年齢は年齢は6カ月から16歳とされていて、どの猫ちゃんにも起こる可能性があります。

症状は初期の段階では、目に見える症状はほぼありません。
逆に言うと、飼い主さんからみて症状が目に見える状態になっていると、病気はかなり進行していると言えます。
少しの運動で呼吸が荒くなってあまり動かない、呼吸困難、歩き方がおかしくなり、立てなくなる(この時、すごく痛がる)、があります。
また、体が血圧を上げようとした結果、肺の動脈で血液が渋滞し、肺水腫になったり、胸水が溜まることもあります。

 

心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。
そのため病気が進行しないよう、心臓が長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。

定期的な検査を行って、心臓の状態をチェックしていきましょう。

 

皮膚疾患

猫の皮膚病にはいくつかの原因があります。

【ストレスが原因の猫の皮膚病】
ストレスが原因で猫が皮膚病になってしまう事は多いそうです。
猫は自由気な性質を持っているので、突然それが制限されるとストレスを感じてしまいます。
飼い主さんに遊んでもらえなかったり家具などの配置が変わったりする事でもストレスを感じ皮膚病になる事があります。

【ノミやダニが寄生する猫の皮膚病】
寄生虫が原因のものもあります。
猫には「ネコノミ」というノミや「マダニ」が寄生しやすく、これらが原因で痒がることがあります。
一度寄生してしまうと駆除するには薬品などを使わなくてはいけませんが、放置しておくことで猫の皮膚病がひどくなってしまうので病院に相談する事がおすすめです。
猫のお気に入りの場所などに必ず寄生していると考えられるので、掃除は念入りに行ってください。

【アレルギー性の皮膚病】
アレルギーによって猫が皮膚病になる場合も多いです。
猫によってアレルゲンとなる物質はそれぞれですが、フードの成分が体に合わなかったりと、原因は様々あるのでアレルギー性の皮膚病にならないためには、しっかりと注意深く見ていく必要があります。

【カビによる皮膚病】
猫が皮膚病を起こす原因として真菌(カビ)による感染があります。
カビによる皮膚病は、フケが出たりかさぶたができたり、時には円形脱毛を起こしたりしますが、他の皮膚病の原因と違って痒みが酷く無いのが特徴です。
ただ細菌の二次感染が起きたときには痒みがひどくなります。

また、人間の水虫なども猫に感染して皮膚病にしてしまう事があるので要注意です!!!!

 

症状は、“痒み”・“脱毛”・“発疹”・“かさぶた”などです。
猫は皮膚病によって傷ができると自分で舐めて治そうとしますが、傷めた皮膚を更に悪化させてしまいます。

 

病院では猫の皮膚病によって注射や投薬、治療を行っていきます。猫が皮膚病になって血が出るほど掻いてしまったり、様々な症状が出る前に早めに治療をしてあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる