エキゾチックショートヘアの歴史・特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

エキゾチックショートヘアの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

 

歴史

エキゾチックショートヘアは、1960年代にペルシャ猫を基本としアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアなど、短毛種の猫と交配され誕生しました。
ですが、当時は不実な繁殖や不正な交配相手による突然変異種を誕生させてしまうなど、エキゾチックショートヘアの繁殖に良い顔をしないブリーダーも多く、批判を浴びることが多かったそうです。

 

1966年にはCFAから“エキゾチックショートヘア”として新種の猫として正式に認められました。
当初は銀の毛色のみとするとしてスターリングという名前が付けられていましたが、他の毛色も生まれることから、エキゾチックショートヘアという名前に変更されました。

特徴

エキゾチックショートへアの一番の特長というと、その潰れたツンと上がった鼻。
その一目でエキゾチックショートヘアだとわかる顔の特長が、人気なのかもしれません♪

 

エキゾチックショートヘアは猫の中では筋肉質で、体がガッシリしています。
しかし筋肉質な体の割には小食で、運動も他の猫と比べると少ない割合となっています。

 

短くてしっかりした足、短めの丸いしっぽをもつ、やや大きめのコビーです。

毛色はホワイト・レッド・ブルー・クリーム・三毛・スモークなどなど、非常に多くの毛色が公式的に認められています。

 

性格

エキゾチックショートヘアの性格はペルシャ猫ゆずりの優しく物静かな性格です。
とっても愛情深い性格でもあるのでエキゾチックショートヘアは抱っこされたり、撫でられたりする事が好きな性格が多いそうです。

 

そして何よりも、エキゾチックショートヘアは爪切り、耳掃除、お風呂に関しても大騒ぎすることなく比較的、簡単にやらせてくれる子が多いというのにも驚きです!
猫だけど犬みたいになついてほしいという人にはおすすめの種類です。

飼い方

エキゾチックショートヘアは体型的にはペルシャを引き継いでいるので、運動能力は高くありません。
それにもかかわらず、アメリカンショートヘアの影響により、活発な面があります。
あまり遊んであげなかったり、スキンシップを取らない期間が長く続くとストレスになったり、すねてしまう子もいるそうです。

 

エキゾチックショートヘアは短毛で被毛の手入れは難しくありません。
定期的にブラッシングやコーミングをしてあげるとよいでしょう!

 

かかりやすい病気

エキゾチックショートヘアには、残念なことにペルシャに多い疾患もまた受け継いでしまいました。

 

多発性嚢胞腎

腎臓を構成する遺伝子の異常によって腎臓に無数の嚢胞ができていく遺伝性の疾患です。
その遺伝子を持つ猫が成長するに伴い、片側、及び両方の腎臓にできた小さな嚢胞が、ゆっくりと確実に数を増やしながら大きくなっていきます。
結果として腎臓が劇的に大きくなります。
嚢胞の大きさは、1mmに満たないものから1cmより大きいものまで様々です。

 

原因はあくまでも遺伝性の病気である為、他の病気が原因で発症するものではありません。
多くは、ペルシャ猫やペルシャ猫と血縁関係にある雑種等、長毛種の猫に発生しやすいと言われています。
最近では、長毛種だけではなくスコティッシュホールドやアメリカンショートヘアでも発症が確認されています。

 

症状は腹部のふくらみ、腎炎や腹部臓器圧迫による腹痛、慢性腎不全です。
多発性嚢胞腎には治療法はありません。
治療法としては液体成分の吸引、投薬治療、外科手術、腎不全のコントロールです。

 

延命効果も期待できますので、飲水量やおしっこの量が増えたなどの異変を感じたら、すぐに動物病院で検査してもらってください。

 

尿路結石症(シュウ酸カルシウム)

エキゾチックショートヘアのオスが尿石のできやすい傾向があります。

腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができる病気です。
結石が膀胱の粘膜を傷つけて膀胱炎となることもあります。

 

症状は“トイレに行く回数が増えた”・“頻繁にトイレへ行くのに少ししか出ない”・“おしっこの時に痛そうに鳴く”・“おしっこに血が混じる”などです。
これらの症状は膀胱炎にも似ているため注意が必要です。
中にはトイレの壁等についたおしっこが蒸発し、残った結晶がきらきらと反射して見えることもあります。
結石の大きさは砂粒ほどの小さなものから数センチのものまでさまざまです。

 

猫の尿路結石症には、尿がアルカリ性に傾くことでできる“ストラバイト結石”と、酸性に傾くとできる“シュウ酸カルシウム結石”があります。
これらは食事の偏りが原因で起きるといわれています。
猫がもともとあまり水を飲まずに濃度の濃いおしっこをすることも原因のひとつに挙げられます。

 

猫でよくみられるのは“ストラバイト”と“シュウ酸カルシウム”の結石です。
これらは尿検査やレントゲン検査、超音波検査で診断出来ることもあります。
ストラバイトは療法食で溶かす事が可能ですが、結石の大きさや個数によっては外科的手術が選択されることもあります。
シュウ酸カルシウムは療法食で溶かす事ができないため、外科的手術が第一選択となります。

 

流涙症

涙を排出する涙管が詰まることが原因で、涙が多く出たり、湿疹などが起こってしまう病気です。
涙が原因で、目の周りの毛が変色した状態を涙やけと言います。

 

命にかかわる病気ではありませんが、まぶたが炎症を起こしたり、感染が原因で皮膚病を発症したりすることもあります。
悪化させると長引いてしまいますので、早急な治療が必要です。

 

流涙症の原因はいくつかありますが、まず角膜炎や結膜炎をはじめとした目の病気が考えられます。
ほかに目に異物が入ったり、排気ガスや煙などの刺激物が角膜や結膜に刺激を与えたりすることで涙の分泌量が増える場合もあります。
原因によって、目と鼻をつないでいる器官である鼻涙管が詰まったり狭くなったりすることも考えられます。

 

涙と一緒に目やにが出る場合も多く、それが原因で目頭から鼻筋が汚れてしまい皮膚が赤く腫れてしまうことがあります。
目やにが多いようなら点目薬などを処方してもらい治療します。

 

白内障

白内障は眼球内にある水晶体と呼ばれる器官が、何らかの原因で白く濁ってしまう病気です。
水晶体は正常な状態では透明で、カメラのレンズと同じ役目をしていますが、白内障にかかり白濁してしまうと視力が落ちたり視界が白く濁ってしまいます。

 

症状は白内障が進行するにつれ、瞳孔の奥が白く変色していき、視覚障害が現れます。
片目だけに発症した場合には、視覚はもう片方の目で補えるため日常生活で不自由しないため発見がおくれます。
両目の場合は視界がボヤけ、柱や壁、物にたびたびぶつかる、段差につまずくなどの行動異常が起こります。

 

猫は非常に聴力が良い動物なのでほとんど視力が無くなっても、自宅であればものにぶつからずに歩くことができます。
それゆえに、発見が遅れてしまうこともあります。

 

原因は人や犬に比べると、猫の白内障は発症することはごくまれです。
遺伝性のものはほとんどなく、大部分が何らかの外傷や眼内の炎症などにより後天的に発症するそうです。

初期段階では、進行を遅らせたり症状を軽減するための点眼薬や内服薬を処方する内科的治療が中心となります。
外科的治療法では、白濁した水晶体を取り除く手術を行います。
一般的には、角膜を切開し水晶体を摘出する外科手術か、超音波で水晶体の内容物を細かく砕いて吸引する「水晶体乳化吸引術」が行われます。
白内障の治療には現在下記のような目薬タイプのお薬が使われています。
もちろん病院で診てもらうことが治療法となりますが、薬に関しては通販などでも購入することができます。
通販サイトならば処方箋なしで購入が出来るため、病院が開いてる時間帯が合わないといった問題もありません。

白内障のお薬⇒

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる