なりやすい犬種は要注意!椎間板ヘルニア予防のために気を付けることとは?

人によくみられる椎間板ヘルニアは、犬や猫にも発症が多い病気です。ペットは人間のように初期段階での腰の違和感などを訴えることができないので、重症になってから気づく場合も少なくありません。椎間板ヘルニアになると後ろ足に力が入らなくなり、進行するとトイレが上手にできなくなったり、歩けなくなったりと日常生活にも支障が出てきます。

 

【症状】飛び出した椎間板が神経を圧迫する

椎間板は、背骨にある脊椎と脊椎の間にクッションのようにはさまって、衝撃を吸収する役割をしています。何らかの原因によって背骨に負担がかかると椎間板が押し出されて飛び出し、すぐ上にある脊髄神経を圧迫するために背中に痛みやしびれが生じます。背中を上から触ると腰を落としたり、触られることを嫌がるようになるのはそのためです。症状が進行すると歩くときにふらついたり、階段の上がり降りが困難になるなど下半身に症状があらわれます。さらには四肢に麻痺が起こって立てなくなり、歩行や排泄も自力でできなくなるなど、日常生活が困難になっていきます。

 

【原因】老化・肥満・外傷・遺伝などが主要因

背骨に負担になるような激しい動きをすることで椎間板は傷つきやすくなりますが、さらに肥満、加齢、外傷などの要因が加わることで椎間板ヘルニアを発症するリスクが高まります。また、犬の中では軟骨異栄養性犬種をよばれる胴の長い品種はとくに腰に負担がかかりやすく、椎間板ヘルニアを発症しやすいとされています。ダックスフント、コーギー、ペキニーズ、ビーグルなどがこれにあたります。最近ではフローリングの室内での事故など環境的要因も増えてきています。滑りやすいフローリングの床では四肢をしっかり支えることが困難で、通常よりも背骨に圧力がかかりやすくなります。

 

【治療】内科的治療と外科的治療

初期段階でまだ症状が軽い場合には、抗炎症剤などを投与して痛みを緩和させる内科的治療を行い、運動を控えてケージの中で安静に生活させます。症状が重度であったり、投薬でも症状に改善が見られない場合は、脊髄への圧迫を軽減させるための外科手術を行います。手術後はリハビリを行いますが、神経へのダメージが大きい場合は手術をしても麻痺を取り除くことはできないため、対症療法で並行して治療を行っていきます。

 

【予防】椎間板ヘルニア予防のために心がけること

ペットの椎間板ヘルニアは飼い主にとってなかなかわかりにくく、気づいた時には症状が進んでしまっていることも少なくありません。不便な日常生活を強いられることはペットにとっても飼い主にとっても大きなストレスになりますので、椎間板ヘルニアを発症する前にしっかりした予防を心がけましょう。フローリングには滑りにくいマットなどを敷き、高い段差を上り下りさせないよう工夫するなど生活環境を整えることが重要です。肥満にならないように体重管理にも気を配り、ヘルニアになりやすい品種であれば、日ごろから背骨に負担のかかるような激しい運動を控えることが望ましいでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる