全身に神経障害を起こす恐ろしい病気!脊髄空洞症

脊髄空洞症とは、脳や脊髄を覆っている脳脊髄液が何かの原因で障害を起こし、脊髄に空洞が形成されるという症状です。その際、空洞内は脳脊髄液が貯留している状態です。その脊髄内に貯留した髄液が脊髄を圧迫する為、様々な神経障害を引き起こします。

【症状】全身麻痺、疼痛を起こす恐れがある脊髄空洞症の症状

脊髄空洞症の症状はふらつく程度の軽い症状のものから全身の神経に問題・障害を起こす重い症状まで様々あります。初期段階の症状では、まっすぐ歩けなくなったり、段差を乗り越えられなくなったり、いつも寝てばかりの生活等が続くようになります。症状が進行すると、顔や両足の麻痺、疼痛を起こす恐れがあります。原因は明確には判明していません。その為、治療法もまだ確立されていません。主に『トイプードル』『シーズー』『キャバリア』等の小型犬種に起こりやすい症状といわれています。突発性激怒症候群は猫にも起こる症状になります。

 

【原因】脊髄空洞症の先天性と後天性の原因

脊髄空洞症の原因は先天性と後天性の2つに分かれます。

先天性の場合、発症しやすい犬種としてキャバリア・キング・チャールズスパニエルがあげられます。この犬種は脳の先天性形態異常(キアリ奇形)を発症しやすいと言われています。キアリ奇形になると小脳が頭蓋骨から脊椎の方へ垂れ下がってしまう為、脊髄空洞症を発症する原因になります。その他水頭症の発症原因にもなります。

後天性の場合、脊髄の外傷や腫瘍、ウイルス性脊髄炎や髄膜炎、椎間板ヘルニアや脊椎奇形、後頭骨形成不全症候群等の疾患に続いて発症すると考えられます。いまだに脊髄に空洞ができるメカニズムについては判明していません。

 

【治療】脊髄空洞症の内科治療、外科治療

脊髄空洞症の治療には、内科治療、外科治療の2つの方法があります。内科治療の場合、鎮痛剤やステロイド投与による治療法になります。脊髄空洞症の事前の検査としてMRI検査などで診断する事ができます。外科療法は身体にカテーテルを入れる手術法等があります。しかし未だ症例が極めて乏しいため、確固たる治療法は確立されていいため、まだまだ未解明な病気と言えます。

【予防】脊髄空洞症の予防

脊髄空洞症は治療法、予防法ともに確立されていません。しかし愛犬・愛猫の症状を早い段階で感知し、早期治療に心掛けることが必要になります。脊髄空洞症が発症しているかどうかは大型の動物病院でX線検査やMRI検査、CT検査等を使用し、診断することができます。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる