だんだん動けなくなる遺伝性の病気!?筋ジストロフィーの怖さ

筋ジストロフィーとは犬や猫にみられる遺伝性の病気です。犬・猫どちらの場合も雄に多く発症します。この病気の主な症状は筋肉が正常に働かなくなり、進行性の病気のため徐々に筋肉の弱化が進みます。

また、この病気は若いペットに発症することが多いです。

【症状】幼少期に発症する

筋ジストロフィーは子犬や子猫に発症する病気で、進行性の筋肉の弱化、成長の遅れ、食事に時間がかかる、運動をしたがらない、筋肉が固くなる、歩行異常、舌が太く大きくなる等が主な症状になります。

進行性の病気のため筋ジストロフィーが進行するにつれ、次第に動き回ったり歩いたりする動作が少なくなり、体を支える筋肉も弱くなってしまうため起き上がれなくなります。

また、心臓を動かす筋肉も衰え正常に動作しなくなってしまいます。心不全を引き起こし、死に至る場合もあります。

【原因】遺伝が原因

筋ジストロフィーは遺伝が原因といわれています。筋肉を動かすタンパク質の遺伝子に異常があり、病気を発症します。

この病気は雄に発症することが多いですが、稀に染色体の突然変異が原因で雌に発症する場合もあります。

この病気が発症しやすい猫種は、『短毛種』 『デボンレックス』にやや多いとされており、犬の場合代表的なのはゴールデンレトリバーであり、この病気が『ゴールデンレトリバー筋ジストロフィー』という異名を持つ理由になっています。

筋ジストロフィーが発症する犬種のほとんどがゴールデンレトリバーといわれていますが、その他『ラブラドールレトリバー』 『サモエド』 『ミニチュアシュナウザー』 『アラスカンマラミュート』 『ロットワイラー』 『ウェルシュコーギーペンブローク』 『ブリタニー』などの犬に発症する場合があります。

【治療】現在研究中の治療法

筋ジストロフィーの治療法は、細胞移植や遺伝子治療などの実験が現在行われていますが、未だ研究段階で、完全な治療法は明らかになっていません。現在行える治療として症状の進行を遅らせるのが一般的な治療法です。定期的に通院し、処置を施してあげましょう。

【予防】明らかになっていない予防法

筋ジストロフィーは遺伝性の病気になので予防法はありませんし、一度発症してしまうと進行性のため治すことが難しく、場合により命を落とします。

また、食べ物を飲み込むための筋肉も弱ってしまうため、誤って食べ物が気管に入り誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という肺の炎症を起こしてしまうこともありますので、日常生活での気遣いが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる