若い犬に多い!汎骨炎ってどんな病気?

汎骨炎(はんこつえん)は中型から大型の若い犬に発症する骨疾患です。この疾患は骨の炎症が主な症状になっていて、後ろ足(後肢)に比べ、前足(前肢)で起こる場合が多いです。

この病気は痛みを伴うため、跛行(はこう)といわれる歩行障害がみられる場合があり、特に2歳未満の雄の犬に多い症状です。この歩行障害は成犬になると自然と治ります。

【症状】骨での炎症

汎骨炎は骨の内部で炎症を起こす疾患で、一度に複数の骨で発症することもあり、後肢よりも前肢で発症しやすい疾患です。

汎骨炎が発症した場合、痛みのある足を着地させたがらないことがあり、歩行への障害がみられます。症状が重くなると、発熱、体重減少、食欲不振、元気消失がみられます。

この痛みや歩行障害は数日から数週間続くことが多く、症状が緩和されても他の足で再発するケースが多いです。しかし成長に伴って症状が改善されるのが一般的です。

【原因】若い犬に多い

汎骨炎の原因は現在も明らかになっていませんが、アレルギー性、内分泌性、ストレス、感染、代謝、食生活、自己免疫、遺伝的要因等が原因としてあげられます。

また中型から大型の雄犬によく発症する病気といわれていて、2歳未満の成長期の若い犬に多い疾患です。特にジャーマン・シェパードが発症しやすいといわれています。

【治療】消炎、鎮痛剤による治療

汎骨炎の治療法は骨の炎症や痛みを抑えるために消炎剤や鎮痛剤を使用することが一般的です。

また、あくまで痛みを軽減する治療法ですが、痛みを軽減するために運動を制限して安静にすることも1つの治療法になっています。これは直接的に汎骨炎の症状を治すものではありません。その他、体重制限(減量)による痛みの軽減も可能ですが、成長期の犬の場合、必要以上の減量は避けましょう。

【予防】汎骨炎の治療法

汎骨炎は直接的な原因が明らかになっていないため予防は困難とされていますが、原因として疑われているのがアレルギー性、内分泌性、ストレス、感染、代謝、食生活、自己免疫、遺伝的要因等になります。

そのためこれらの原因に対しての予防が大切で、主に食生活ではカルシウムの取り過ぎなどに注意し、バランスのいい食事を与えることが大切です。

その他ストレスも汎骨炎の原因といわれているため、犬のストレスへのケアも予防法の1つです。十分に接してあげる時間を作ったり、快適な生活環境を作ってあげるなど、ストレスの発散をしてあげることが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる