成犬の5頭に1頭がなるといわれる「関節炎」ってどんな病気??

関節炎は、成犬の5頭に1頭がなるといわれているくらい犬によく見られる病気で、とくに高齢犬がなりやすいとされています。肥満のために関節に過剰な負担が加えられていたり、高齢のために新陳代謝が衰えてきたり、感染症にかかったりすると関節炎にかかりやすくなります。動物は四足歩行なので異常がわかりにくいですが、放置すると痛みからストレスを受けたり、他の病気に対する抵抗力も低下しますので、できるだけ早めにペットの様子の変化から気付いてあげたいものです。

 

【症状】関節を動かす動作を嫌がる

健康な関節の場合は、軟骨が骨と骨の間でクッションの役割を果たしスムーズに動かすことができます。しかし、長年の負担によって軟骨が変形・摩耗すると、炎症が起きて痛みを感じるようになり、関節の可動域が狭くなります。

初期の段階では、起き上がる時につらそうにする、歩いている時に止まって動かなくなる、遊びの途中で突然痛がる、ジャンプや階段の上り下りをためらう、などの症状が出ます。病状がさらに進むと、散歩に行きたがらない、足を引きずる、触られるのを嫌がる、などの症状も見られるようになります。また痛みのために神経質になり攻撃的になったり、食欲がなくなったりします。

 

【原因】年齢とともに関節に負担がかかる

関節の骨は、潤滑油の働きをする滑液と、なめらかで弾力のある軟骨によって、衝撃が吸収されスムーズに動くことができる仕組みになっています。それらが長年にわたってすり減ったり傷ついたりしてくると、骨と骨が直接当たるようになり慢性的に痛みを感じたり、骨が変形したりします。

主な原因は加齢ですが、その他にも肥満や運動不足、自己免疫性疾患、感染症などが要因で関節炎を引き起こすこともあります。

 

【治療】病院での治療と自宅でのケア

関節炎の治療は、食事管理や運動制限と消炎剤などの内服薬を組み合わせて炎症を抑え、痛みなど症状の軽減をはかります。また、対症療法としてはサプリメントなどを用いて軟骨の保護やサポートを行い、病状が悪化しないように様子を見ていきます。骨の変形が原因の場合には外科手術を行うこともありますが、関節部の手術は困難を伴うことが多いため、変形がひどい場合のみの処置となります。

病院での治療と並行して、自宅でのケアも大切です。室内飼いであれば床材を滑りにくいものにする、散歩の際には上り下りのある段差を避ける、寒さは関節炎に悪影響なので保温に気を配るなど、飼い主が注意すべき点も多くあります。

 

【予防】適度な運動と食事で肥満を防ぐ

日頃から標準体重を意識して、肥満にならないように注意しましょう。また、肥満を防ぐ点からも運動させることはメリットになりますが、関節に負担のかかる激しい運動は避けた方がいいでしょう。また、カルシウムを過剰に摂ることも関節炎の一因となります。総合栄養食である犬用フードにはすでに必要なカルシウムが含まれていますが、そこへさらにカルシウム剤などを加えると、骨が正しい形に成長しないなどかえって炎症になりやすい関節を作ることになります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる