骨の形が変わってしまうの?変形性脊椎症とはどんな病気?

変形性脊椎症は脳からの脊髄神経を守ってくれている一連の骨が変形し、脊椎の中の神経を圧迫して痛みや麻痺などを引き起こす病気です。

ペットは年齢と共に脊椎変形が進行し、時には深刻な症状を招いてしまうことがあります。また先天的な要素を持つ犬種・猫種が若くして発症する傾向があり、雌が発症しやすいのも特徴です。

【症状】老犬・老猫に多い

犬の場合

犬の変形性脊椎症の症状はいくつかあります。

最初は自覚症状がありませんが、症状が進行するとしっぽを振らなくなる、腰やお尻などを触った時や抱っこしたときに痛がる症状が見られ、特に胴の長い犬種や、太り気味の犬に現れる症状です。

重度になると強い痛みや麻痺によって、歩行や排泄が困難になることがあり、最悪の場合自分の力で立てなくなってしまいます。

猫の場合

症状が軽度の場合は歩き方に違和感が出るなど、変化がみられます。重度の症状になると体に麻痺の症状が現れ、歩行や排泄が困難になります。

猫の変形性関節症は体中のどの関節にも起こり得ます。体重のかかりやすい肘関節、股関節、膝関節で変形がよくみられます。

【原因】肥満が原因になることも

変形性脊椎症の原因は主に脊椎に負担を掛けることによって起こります。例えば肥満や激しい運動、逆に運動不足などによって背中の筋力の衰えなどが主な要因となり、発症してしまうことが多いです。

老犬・老猫に関しては既に発症していることが多く、症状の悪化に繋げないため運動不足や背中の筋肉の衰えなどへの注意が必要です。

【治療】時には手術も

変形性脊椎症の治療法は病院によって違いがありますが、症状が軽い場合は基本的に鎮痛剤を使うのが一般的です。また、鎮痛剤により痛みが和らいだ途端、運動してしまう犬・猫にはあえて鎮痛剤を使用しないこともあります。

痛みが強く症状が重い場合はステロイドの内服や、注射を打ちます。若く、元気な犬・猫にはこれ以上の変形や圧迫を抑えるため手術する場合もあります。

【予防】体調管理、生活環境が大切

変形性脊椎症の予防は犬・猫共に体重管理が重要です。平均体重を上回っている犬・猫はダイエットが効果的です。四足歩行で生活する犬・猫のお腹の体重は背骨が支えています。その負担は脊椎にかかっており、変形性脊椎症を発症しやすくなります。

なによりも生活環境を整えてあげることが大切です。特にベッドやソファなどの上り下りは脊椎に負担がかかってしまいます。予防として高いところへの上り下りをしないよう、しつけをするのも良いでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる