歩き方に異変が?大型犬は注意したい股関節形成不全の予防法とは

大型犬が特にかかりやすいとされている股関節形成不全は、歩き方などに異常が現れる病気です。股関節が正常に形成されていなかったり変形することによって起こり、歩けなくなってしまうこともあるので早めの治療が大切です。

 

【症状】歩き方に異変が起きる

早ければ生後4か月頃から症状がみられることもあり、たいていは骨格形成が終わる2歳頃までに発症します。発症すると、腰を振るように歩く、足を痛がる、足を引きずる、運動を嫌う、横座りになるなどの症状がみられるようになります。肥満は股関節に負担がかかって症状を悪化させることがあり、さらに症状が進むと歩行が困難になる場合もあります。

 

【原因】遺伝的要因と環境的要因

股関節形成不全は、骨盤のくぼみと大腿骨の頭がうまくはまらず不安定な状態になっていることから起こります。これは、股関節まわりの筋肉や骨格に異常がある遺伝的要素が原因であると考えられています。

しかし最近では、遺伝的要因に加えて環境的な要素も一因としてあげられるようになってきました。子犬の時期に栄養を与えすぎて肥満になったり、滑りやすい床での生活や激しい運動なども骨盤形成に影響を与えているとみられています。

また犬種の中では特に大型犬が、成長のスピードがはやく急激な体重増加によって股関節に負担がかかるために股関節形成不全になりやすいとされています。シェパード、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、バーニーズマウンテン、ロット・ワイラー、セント・バーナード、グレート・ピレニーズ、ボーダー・コリーなどは好発の犬種です。

 

【治療】年齢・体重・症状に合わせた治療

治療方法は、犬の年齢、体重、症状の度合いなどを考慮して決定されます。年齢が若く症状が軽度の場合は、運動制限と食事管理をしながら鎮痛剤や抗炎症剤などの投与を行い、症状が悪化するのを抑える内科的治療を選択します。

症状が重く内科的治療の効果が期待できない場合は、外科手術を行うこともあります。手術方法は犬の年齢、体重、症状によってさまざまなので、獣医師と十分に相談して決定することになります。

 

【予防】過度な栄養は控えて適切な運動を

股関節形成不全の原因は遺伝的要因の割合が高いですが、肥満や運動などの環境的要因であれば予防することも可能です。子犬のころから栄養の与えすぎに注意して肥満になるのを防ぎ、運動も股関節に負担がかかるような激しい内容は避けて適度な運動をこころがけましょう。股関節形成不全になりやすい大型犬は特に配慮が必要です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる