ペットの変形性関節症が引き起こす運動障害とは??

変形性関節症とは、骨と骨とをつないでいる関節に炎症が発生し、関節が変形した状態のことです。関節の変形や痛み、関節のこわばり(かたくなる、腫れる)が生じる病気で、一時性のものと他の足腰の病気が引き金となって起こる二次性のものに分けられます。一時性のものは、加齢するにつれて増加します。

【症状】変形性関節症の症状

初期状態では、足を引きずるなどの歩行異常や、動作が遅くなる、階段を嫌がる、散歩中などに疲れやすく運動を嫌がる(運動非耐性)などの症状を示すようになります。病気が進行すると、捻髪音(ねんぱつおん:患部を動かした際に関節から聞こえる異常な音)が聞こえたり、ぐったりして元気がでない、関節が腫れる、関節の動かせる範囲が減少するなどの症状が現われます。

【原因】変形性関節症の原因

変形性関節症の原因は、老化にともなって発生することが多い一時性のものと他の病気に反応して発生することが多い二次性のものに分けられます。一時性では高確率で老化が原因です。二次性では、先天性の『骨関節疾患』((股関節形成不全・肘関節形成不全・骨軟骨症・、レッグペルテス病・膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう))や、『外傷性の関節疾患』((前十時靭帯断裂などの関節疾患や、激しい運動や肥満))などで関節に大きな負担がかかることが原因になります。

【治療】変形性関節症の治療

変形性関節症になると軟骨が傷つき、骨と骨が直接ぶつかってしまい、痛みが出ます。そのため、治療には炎症と痛みを軽くしてあげることと、関節軟骨を再生させることのふたつが重要となります。非ステロイド性抗炎症剤などの投与で痛みを緩和し、体重管理と、運動療法で、症状の進行を抑えます。関節炎に対応した療法食やサプリメントと薬の組み合わせで管理していく方法もあります。また、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、(股関節形成不全)などの体に負担を与える二次性のものは、まず、これらの基礎疾患の治療を行います。

【予防】変形性関節症の予防

太らせない、過剰な運動をさせない、高齢になったら関節の健康に配慮したシニア用の食事に切り替えることが大切です。肥満は関節にとって大きな負担となってしまったり、1歳ぐらいの犬・猫を肥満にしてしまうことで、骨の成長に大きな影響を及ぼします。また、過剰な運動は犬にとって大きな負担になります。犬では、関節疾患の81%が8歳以上、猫では90%の確立で12歳以上の猫が関節疾患になると言われてます。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる