成長期の生活には注意が必要!肘関節の形成不全とは??

肘関節の形成不全は、上腕部と前腕部を連結する肘関節に異常が発生した状態のことです。これは、上腕骨と前腕骨を構成する橈骨(とうこつ)と尺骨の計3本の骨により成り立っている複雑な関節ですが、 肘関節の形成不全はこの3本の内、1または2本の骨の異常により発生すると考えられています。また上腕骨の内側関節面における軟骨の異常も認められることがあります。

【症状】肘関節の形成不全の症状

肘関節が不全になると、まず歩き方がおかしくなります。これは、片側の前肢に体重をかけるのを嫌がるため、前肢の足が細くなったり、肘が腫れたり、関節に水が溜まるなどして、足の形を変形させます。また、歩行中に頭が上下したり、なかなか立たず座ることを好んだり散歩を嫌がったりします。

【原因】肘関節の形成不全の原因

肘関節の形成不全は主に遺伝によってなるといわれてます。好発しやすい犬種は、『ラブラドールレトリバー』、『ゴールデンレトリバー』、『ロットワイラー』、『ジャーマンシェパード』、『バーニーズマウンテンドッグ』、『チャウチャウ』、『ビアデッドコリー』、『ニューファンドランド』などの大型犬~超大型犬に多いです。
また、骨が成長する生後4ヶ月~10ヶ月の間における、過度なストレス(機械的ストレス)が骨の成長を妨げてしまうことがあります。機械的ストレスは、落下や衝突といった事故や、激しすぎる運動、過度な食事による体重増加などです。

【治療】肘関節の形成不全の治療

肘関節の形成不全を発症した場合、以前の状態に回復させるのは困難であることを認識する必要があります。

内科治療では、動物の痛みを軽減する目的として、非ステロイド性抗炎症薬および軟骨保護薬を使用します。これは、痛みを和らげるために使われます。
外科治療では、肘突起の癒合不全に対しては、スクリューによる固定や、骨切り術が行われ、内側鉤状突起や内側上顆の離断性骨軟骨炎に対しては、関節鏡や関節切開による骨片や軟骨片の除去が行われます。
症状が落ち着くまで激しい運動を避け、安静状態を保つことを心がけます。また、体重制限をすることが重要です。

【予防】肘関節の形成不全の予防

関節に負担をかけないことが大切です。また、成長期の過度な運動はやめましょう。
体重管理をしっかり行い犬の体調を整えることで発症するリスクが下がります。
また、遺伝的な原因が高いため、この病気にかかりやすい犬の繁殖を抑えることが重要です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる