散歩中の歩き方がおかしい?膝蓋骨脱臼の症状について知っておこう!

膝蓋骨とは、ひざのお皿の骨のことです。この膝蓋骨が、本来の位置である大腿骨下方にある正常な位置から内側あるいは外側に逸脱してしまう状態を膝蓋骨脱臼といいます。打撲や落下など外傷によって起こる場合と、先天的な要因で起こる場合とがあり、犬では小型犬種に多く発生するとされています。

 

【症状】足を引きずったり浮かせたりして歩く

膝蓋骨脱臼を起こすと、足を浮かせたり引きずったりして歩き、すねが腫れる、触られることを嫌がる、両足の場合はX脚やO脚などの症状があらわれます。膝蓋骨が内側にずれる内方脱臼と、外側にずれる外方脱臼があり、脱臼すると膝を曲げることができなくなります。先天的に脱臼しやすいと治っても再発することが多く、習慣的に脱臼が起こることによって足の骨が変形してしまうこともあります。

 

【原因】先天的原因と後天的原因

膝蓋骨脱臼の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。

(1)先天性の原因

生まれつき膝関節周囲の筋肉、骨、靱帯の形成不全があり、ちょっとしたはずみで膝蓋骨が外れてしまったり、年齢とともに形成異常が進行することで発症します。犬の中ではポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリア、プードル、シーズー、マルチーズなどの小型犬によくみられます。猫ではメインクーン、ペルシャ、スコティッシュフォールドなどに多く発症し、遺伝的要因と関係があると考えられています。

(2)後天性の原因

後天的に発生する膝蓋骨脱臼は、外傷が要因となって膝蓋骨周辺の組織に損傷が起きることによるものです。交通事故、打撲、落下事故などで骨に大きな力がかかり、変形することによって脱臼が生じます。また、栄養障害などによる骨の変形が影響を及ぼすこともあります。

 

【治療】症状の程度により治療法が異なる

日常生活に支障をきたすなど症状が重い場合には、膝蓋骨を正常な位置に戻す外科手術を行います。さらに術後も長期間のリハビリが必要になります。症状が軽度の場合は手術を行わず、鎮痛剤や消炎剤などの投与により痛みを和らげる内科的治療を行います。関節をサポートする効果のあるサプリメントなども有効で、同時に膝に負担をかけないように運動制限や体重管理をしながらケアします。

 

【予防】膝に負担をかけないように

先天性の膝蓋骨脱臼を予防することは困難ですが、体重が増えすぎてひざに負担をかけないよう、食事内容などに気を配り体重管理を行うことが大切です。室内では滑りやすいフローリングがひざへの負担がかかりやすいので、じゅうたんやマットを敷くなど工夫するとよいでしょう。つま先立ちをしたり、スキップをするような歩き方をするなど、いつもと違う様子にすぐ気づけるよう、ふだんからペットの様子をよく観察することも予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる