大型犬に多く発症する!肘関節形成不全の症状って?

肘関節形成不全(ひじかんせつけいせいふぜん)とは前腕部と上腕部を繋ぐ肘関節に異常が発症し痛みや歩行障害が生じる病気で、近年では股異形成(こいけいせい)とも呼ばれます。この病気は犬や猫にみられる先天性のもので、特に犬に多い疾患とされています。

骨が活発に成長する約生後4ヶ月~10ヶ月の間に発症することが多く、その半数以上が両側の肘関節に症状がみられます。

【症状】肘関節形成不全の症状

犬の場合

犬の肘関節形成不全の初期症状としてみられるのは前肢の跛行(はこう)で、主に休憩後、立ち上がったときにみられます。症状が進行すると関節炎が発症し、歩行異常が持続してみられるようになります。

その他、痛みのから前肢をあげて歩く、肘を曲げるのを嫌がる、立ったときの肘の状態が不自然、肘関節の腫れ、筋肉が落ちて前肢が細くなる等の症状が報告されています。

猫の場合

猫の肘関節形成不全は主に後肢を折りたためない、痛がる様子を見せる、階段の昇り降りを嫌う、ジャンプができない等の症状です。

子猫に起こる症状が多いため、成長につれて骨の変形や炎症がみられる場合があり、それに伴い関節の脱臼が起きます。主に1歳までに症状がみられますが、3歳ほどの猫にも症状がみられたケースもあります。

【原因】肘関節形成不全の原因

肘関節形成不全の原因は肘関節の異常が主な原因です。

肘関節とは上腕骨と橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)という三本の骨で構成されていて、通常これらの骨がうまく噛み合うことで構成されていますが、これらの骨のどこかに異常があると関節がうまく噛み合わず痛み、運動障害を引き起こします。また、肥満も関節に負担がかかるひとつの原因として考えられています。

発症しやすい犬種として『ゴールデン・レトリバー』 『ラブラドール・レトリバー』 『ビアデッドコリー』 『秋田犬』 『コーギー』 『ロットワイヤー』 『チャウチャウ』 『ジャーマンシェパード』 『バーニーズマウンテンドック』 『ニューファンドランド』等が挙げられていて、殆どが大型犬にみられます。

また、猫の場合は『メインクイーン』 『ペルシャ』 『デボンレックス』 『ヒマラヤン』が発症しやすい猫種として挙げられています。

【治療】肘関節形成不全の治療法

まだ症状が初期の場合、安静療法を施すことが症状の悪化防止になります。症状が進んでいて、炎症などによる痛みが出ている場合、抗炎症剤や鎮痛剤などによる投薬治療を施す場合もあります。

また、これらの治療法での効果がみられず歩行障害などの症状が重い場合、骨を切断する方法や、関節を人工的に形成する方法等の外科手術を行います。

その他、猫の場合は体が小さいため外科手術が困難で、費用も高額になる場合があります。

【予防】肘関節形成不全の予防

肘関節形成不全は先天性のため予防は困難です。遺伝的な要因が強いため、これからの交配に気をつけ次の世代へ繋げないようにしましょう。

また、肥満により関節に負担がかかってしまう場合もあるため、体重管理や食生活には十分気をつけましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる